« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014.01.27

葵、級別バッジテスト2級不合格。

500昨日は、葵の初めての級別2級受験の日でした。
土曜日に、和也はクロカンの大会に行きましたが、葵はそちらには行かずに富良野に残り、午後から前日講習受講。
今年から、シュテムターンが種目に入ったのだが、子供達はシュテム操作を意識して滑った事が無いので、教えて貰わなければ絶対に受からないと思っていた。

で、昨日は朝一8時20分頃にはスキー場に入り受付。1番を目指したが、既に何人も居て残念ながら3番。ま、しゃあない。
で、リフトが動くのを待って私と足慣らし。全く誰も滑って居ないゲレンデを滑るのは気持ちが良いが、雪が降っていて、新雪がそこそこかぶって居る事もあり、スキーが滑らない。
9時前に集合場所に集合。
後は本人に頑張ってもらうしかない。

結局、大回り、小回りは、ワイドゲレンデ。シュテムはジュニアゲレンデで行ったようだ。練習は無し。本当の一発勝負だったらしい。

506今日は、昨日クロカンの大会に一緒に行った近所の子供達と一緒に滑ろうと言う事で、9時半にスキー場に来て貰って居た。丁度ゲレンデでその子達と合流し第1リフトの列に並んでいる時に、検定を終わった葵が合流。
それからみんなと一緒にフリー。

今日は、スタンプラリーもやって居たので、新プリ側まで行ってリフトごとにあるスタンプを押して、雪像を見ながらかなり滑った。やっぱりみんなで滑るのは楽しい。それに、今日はかなり雪が降っていて、コースも新雪が覆って居て難しいコンディション。でも、楽しいので誰も帰ろうとは言わない。結果的に、葵や和也にとっても良い練習になったと思う。

1時まで滑って、1時からいよいよ合格発表。

結果は、

残念ながら、不合格。

得点は、
シュテムターン        63点
基礎パラレルターン大回り 64点
基礎パラレルターン小回り 64点

合格点は各種目65点なので、全然足りない。

講評では、基本的に後傾と言う事。軽く滑ってるように見えるのは後傾でスキーの前が浮いてるから。上下動で荷重を抜いて立ち上がる時に思い切って前方に立ち上がって見ようと言う事。
それと、全体的に種目の理解が足りない。
特にシュテムターン。開いた外足に体重を乗せるのが基本だが、ただ足を開いて閉じるだけになっている。

シュテムターンに関しては、まだまだ理解が足りないのはわかるので、これからじっくり練習したい。
大回り小回りは、切り替え時に前に身体を出して後傾をなんとかして行きたいと思う。

今回、不合格で本人も残念がっていたが、前向きに「なんとか合格したい」と言う思いも出て来たようだ。

次の検定受験は、2月末頃。
それまで練習です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.25

級別2級合格!

483え~、今回は私の検定。

木曜日に前日講習を受け、かなり厳しいと感じていたが、逆にどんなもんか興味が湧いたのと、葵が週末に同じ2級を受験するので、実際のレベルがどんなものか知りたくて受けてみた。

検定当日、日の出スキー場の受付場所に行くと、昨日の前日講習では2級7人1級3人居たが、今日は...なんと私だけ。
私が2級を受けるだけの為に指導員さんが3人も居ると言う事になってしまった。

時間もあるので、練習を少ししてからにしましょうと言う事で、3科目2回ずつ練習。どれもイマイチの様で色々と指摘されるが、最後にはあまり考えても逆効果かも知れないと思い直し開き直った。

最初の種目はシュテムターン。
3人の検定員の方も一緒にリフトで上に上がり、お手本を3人ともやってくれた。
しかし、下で待つ3人もの検定員さんを前に私は緊張してしまい、変なターンをしてしまう。
ま、これでかなり吹っ切れた。

次の種目は小回り。
お手本のリズムだけを頭に入れ、検定員さんに向かって真っすぐ降りた。

最後は大回り。
大回りだけはまだ自信が有ったので、挽回できるとしたらこれしかないので、いつも以上のしゃがみ込んで大げさに滑ってみた。

がんばったが、やっぱり合格には足りないだろうなと思った。
シュテムは失敗。
大回りは大丈夫かもしれない。
小回りは… どうだろうか... 自信は無い。
次は何時受けられるだろうなぁ。
ま、葵の前に受かっても葵は残念がるだろうし、ま、良かったって事にするか。
こんな事を考えていた。

結果発表はロッジで。
ここでも検定員さん3人の前に私だけが姿勢を正して待つ。
一応、「番号を呼ばれた方は前へ」とわざとらしい。
この時点までは、99%呼ばれないと思っていた。

しかし、

検定員さん:「1番、渡辺さん」

全員:「・・・」

私:「マジですか?」

信じられなかった。
まさかの合格。

点数は、

シュテムターン        64点
基礎パラレルターン小回り 65点
基礎パラレルターン大回り 66点

と言う事で、65点が合格ラインの所、不合格種目のシュテムターンを、大回りが補った形で合格。
ま、この際なんでも良いです(^^;。

子供達のは何枚も見てきましたが、今回初めて、自分の分の合格証と言う物をもらいました。

本当に苦手だったスキーですが、私が取れるとは思いもしなかった2級になんとか合格。
実は、超嬉しいです。
勿論、おまけも有ったかも知れません、と言うか、有ったでしょう(^^;。
それでも良いです。2級は2級。

ま、私の事はここまで。
実は、明日葵が2級を受けます。
私より上手なので、普通に行けば受かると思うのですが… 。

ま、やってみない事にはわかりません。
幸運を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカン和寒大会。

今日はクロカンの和寒大会に、近所のクロカン仲間と参加。うちからは和也だけ。葵はスキー検定を優先して不参加。

昨年まではふらのクロスカントリースキークラブとして参加してなかったが、今回は近所の選手4人と親4人、幼児1人の仲間だけで自主的に参加した。

競技に関する事は、向かいの佐藤さん夫妻におんぶにだっこ。ご夫妻とも元競技者なので心配なしだが、私は何も出来ないのでどうしてもお二人に負担が集中してしまう。大変申し訳ない。

朝5時半に車2台で家を出発し、約2時間で到着。
コース下見、アップ、グリップワックス調整等いつも通り進行。
気温が季節外れの暖気で+1℃位。この辺の気温の時のグリップワックスの選択は難しいらしく、かなり苦労されていた。

和也は9時半過ぎにスタート。今回も1㎞。
今回は、和也よりも早い子が3人来ていたので、順当に行くと4位。なんとか3位に食い込んで欲しかったが、結果はやはり4位。
しかし、タイム的には先週も1位だった今回の1位の子との差は縮まって居るので、和也自身はしっかり頑張った結果だと思う。

今回自主参加した4人は、今回1位、3位、4位、4位と、4人とも好成績。ここに今回来れなかった葵が来ていたとすると、順位は恐らく7位か8位辺り。どうしても見劣りしてしまうが、そこに葵も参加して、順位が下でも頑張り、仲の良いみんなを応援出来る様な雰囲気を作れれば良いなぁと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.23

スキー検定事前講習。

481珍しく、私の話。
明日、上富良野の日の出スキー場でスキー検定がある。明日は1級と2級の検定。で、久々に私も受けてみようと思い、今日は前日の講習に参加してみた。
ちなみに私が検定を受けるのは2年ぶり。前回は3種目とも64点で不合格でした。で、私が講習を受けるのも、実はこの日以来。

で、今回の講習。
種目が変わったり、指導方針が変わったのでどうなったなかと思ったが、大回り小回りに関しては、検定の合格ラインの滑り自体は変わって無いような感じ。その合格ラインに持って行くアプローチが変わったと言う感じか。
常に言われたのが「ズラシ」。小回りも大回りも。カービングターンじゃなくて、全体的にズラシながら弧を描いて行くと言う滑り。
それと意外と曲者が新しく種目になった「シュテムターン」。
私はシュテムターンからパラレルになるかならないかなので、外足を開いてターンのきっかけを作るシュテムターン自体はすんなり理解したが、これまでシュテムターンを意識した事が無い小学生は戸惑っていた。外足が先に開かないんですね、彼らは。

で、全体的は、やっぱり後傾。これは、上下動の中で立ち上がる場面の時に、「前或いはフォールライン方向に立ち上がって見て下さい」と言われ、やってみると少し改善したようだった。
それと、突っ立てると言う事。私が背が高い事もあるが、棒立ちに見える。極端に屈めて見て下さいと言う事で、これでもかと屈めてみたら、まだ屈めても良いと。そんなに屈むんですね。で、気付いた事は、思いっきり屈んだ方が下半身が動くと言う事。実はこれは意外だった。それと、上下動の下は意識して、上は意識しては動かない事と。
ターンに関しては、小回りのリズムが遅いターンが大きい。要は小回りじゃなく中回りに近い滑りのようだ。これはなかなか難しい。
シュテムターンは、もう少しゆっくり。足を揃えてから外足にしっかり乗りこむ
大回りは、おおよそOKとの事。

実際には、合格ラインには届いてそうに無い(^^;。
ま、でも、明日は一応受けてみようと思う。
受かればラッキーで(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.19

クロカン鷹栖大会。

461_2466
今日は、3回目のクロカン鷹栖大会。
正式には、「第24回たかすオオカミの里北野クロスカントリー大会」。

葵は4年生で2㎞。
和也は2年生で1㎞。

目標は特になし。
正月休みを多く取ったので練習日を3日も休んだ事もあって、ちょっと滑りが戻って無い。
ま、調整的に出て、順位はともかく、レース経験と「最後まで頑張る!」と言う事に専念。

結果は、葵は7位。和也は3位。
勿論和也の3位は立派だが、今の実力で相対的にみると順当な順位。上がりもせず下がりもせず。2位には37秒差が有り、4位には約1分差が有る。

で、葵の7位だが、実はこちらの方が「頑張った」順位。
今までに5回一緒に滑った事があるがまだ1度も勝った事が無かった子に勝ち、負けた事が無い子には誰にも負けなかった。本人は悔し涙を流すほど悔しかったみたいだが、それだけ良く頑張ったと言う事だと思う。
勿論順位は順位だが、内容をちゃんと見てあげたいと思う。

しかし、5時起きでの参加はきつい(^^;。
来週は4時半起きで、和也だけクロカンの大会に参加する予定。

と言う事で、今日も動画。今回は基本我が子だけバージョンで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.12

和也ジュニアテスト1級合格!

433436今日は和也のジュニア1級の検定日。
昨年3月に南富良野で受験し不合格だった以来の検定。

結果は、写真の通りなんと合格!

昨年の状態では、なかなか今年も難しいかなと思っていた。実際、検定自体も厳しくなってるように感じていた。
それからは、和也を速く二の字のパラレルスタンス(パラレルと言えるかどうかは別)にしないとスピードが出ないと思い、意識して揃える練習をしていた。と言っても、どうやれば良いかはわからないので、「二の字で滑れ」と言うのみ。
左ターンは良いのだが、右ターンが苦手で直ぐにプルークで滑ってしまうので、兎に角右ターンが二の字になるように、何度も「二の字で!」と言うのみ。
すると、先月23日時点では変なターンだったのが、年末に甥っ子達と滑ってる頃に突然良い感じになってきた。
これならなんとかなるかなと期待していた。

今日は、同じ2年生で1級を受験するのは4人。滑走順はいつも低学年からなので、和也は2番目。これは何時もそうだがかなり有利。
指示した事は、
1、スタートは緩斜面なので、まずは思いっきり漕いでスピードを付ける事。
2、急斜面になったら、飛ばし過ぎないようにする事。
3、ターンは早めに。
4、大きく横に振られる所が必ずあるので、少し前を見て注意する事。
5、1本目は転ばないのが最優先、2本目は思いっきり行け。
とこんな感じ。

実際、動画で見るとわかると思うが、かなり頑張って滑ってるのがわかる。
今回の合格タイムは37秒で、和也は1本目が34秒で、2本目が36秒と、2本とも合格タイム。それに、1本目は今回1級を受験した全ての子の中で最速、ラップタイムでした。
合格者は、受験者約35名中7名。やっぱりかなり厳しくなってきていると言えると思う。

兎に角良く頑張りました。
これでジュニア検定は終了です。
葵は2年生の2月の終わりの検定で合格でしたが、和也は2年生の1回目の検定で合格。葵より少し早く合格する事が出来ました。
ただこれは、和也は3歳からスキーを履いたのに対し、葵は5歳から。それに、和也は葵の後ろを常に追いかけて滑ってたので、上達するには条件が葵よりも良かったと思う。

どちらにしても、合格おめでとう!
これからも、スキーと上手に付き合って行きたいと思います。

では、動画を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.11

今シーズン6回目のスキー。

明けましておめでとう御座います。
今年もよろしくお願いします。

さて、年末年始はスキーと帰省。
姉貴家族がスキーに来て、元日に大阪へ帰省。私は6日に、私以外は9日に富良野へ帰って来ました。
336358382391400403

で、早速明日12日は和也のジュニア1級受験の日です。
天気予報は悪いですが、大晦日から10日以上も滑って無いので、なんとか滑り行った。

大荒れの天気予報と、岩見沢方面は実際に大雪、スキー場もそこそこ降っているので、スキー場はガラガラ。
しかし、気温は-10度位で風は大してないが、降雪があるので、かなり寒い。ビデオを撮る為に普段軍手で滑っているが、今日は今までで一番手が冷たくなった。

和也の滑りはかなり良くなっている。
難しい事はわからないが、かなりスムーズ。緩斜面なら綺麗に二の字になっている。
これなら、ジュニアの1級はわからないが、級別の3級くらいは受かりそう。

さて、明日は和也のジュニアテスト。
受かるかなぁ~。

今日の滑り、詳しくは動画で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »