« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013.07.29

太陽光パネルの表面。

Dscn1353Dscn1356
先日より、我が家の西隣に家を建て始めている。足場を組んで外壁のコンパネまで張り終えた所で、家の形になって来た。
で、足場は我が家の真横。屋根や壁に手の届く位置でもある。
こんな機会は二度と無いので、足場に特別に上がらせて頂き、太陽光パネルの表面の状況を確認させてもらった。
パネルの表面は、09年10月の設置から約3年9か月経っているが、予想以上に綺麗。指で拭いてもほとんど汚れは付かないほど。ただ、2ヵ所ほど鳥の糞が... 手の届く所では無いので基本的には諦めだが、見てしまうと気になる(^^;。足場はもうしばらくはあると思うので、それまでにホースを持って上がってかけてみるか。ま、気が向いたら。

どっちにしても、足場が無くなるまでにもう一度登らせて頂こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.28

自作プラネタリウム。

Img_0893今年はPTAの役員をやっていて、イベントを企画している。その企画の今回のテーマは「プラネタリウム」。別に私が決めた訳じゃないが、すっかりはまってしまった。
色々調べていると、「大人の科学」と言う雑誌の付録でかなり出来の良いプラネタリウムが作れる事がわかり、2005年の雑誌がまだアマゾンで購入できる事を知り購入。また、その進化版が8年ぶりに同じ雑誌の付録で7月25日に出る事を知り、それも予約。今日やっとそれが届いた。
ちなみにこのプラネタリウム。太平技研の大平貴之さんと言う日本のプラネタリウムの第一人者の監修。ピンホール方式のプラネタリウムとしては、相当レベルの高い物。

ユーチューブのPVはこちら。
http://youtu.be/SMHRkpgWgrY

で、制作時間は私一人で約2時間位掛ったが、2005年版を先月作っているので、今回は特に迷わなかった。
ちなみに今回のは、モーター内臓で星空を「自転」させる事も出来る(^^;。

で、自宅の和室で稼働させた写真がこちら。
Dsc_1883
自転させずに2分間露光です。
これはやっぱりすごいです。
星は良くわかりませんが、この空気感が凄い。
かなりお勧めですね。
http://otonanokagaku.net/magazine/vol39/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.14

陸上フェス

Img_0864今日は、2013ふらの陸上競技フェスティバル。
和也が、運動会なんかで良い走りをしてたのと、他と比べてどんなもんか知りたくて、丁度クロカンの友達も出ると言うので一緒にエントリー。
他は、近隣の小学校が学校の記録会替わりに参加したり、陸上クラブや学校の陸上部なんかが参加。完全に一般参加は少数派。

まずは、400m。
エントリーリストを見ると、女子の小学生は葵のみ。男子の小学生も和也と3年生の子の2人だけなので、組が一緒になった。ひょんな事から、公式大会で葵と和也の直接対決が実現(^^;。
400mなんか真面目に走ったことは無いので、色々ペース配分を考えても結局無駄だと思って、最初から行ける所まで全力で行って、後は根性で… と言う何時もの作戦。
和也はその通り調子良くスタートして3年生の子を抜いたが、100m辺りでバテ失速。200m位で抜き返されたが、ゴール近くで追い上げて、ほぼ同時にゴール。順位は、葵が1位で和也が3位。葵は差を詰めさせずに淡々とレースを進めて逃げ切った。良く頑張りました。
和也の2種目目は、400mの直ぐ後の100m。400mが終わったら、飲み物を少し飲んで直ぐに招集場所に集合。プログラムが分かってればこんなエントリーはしなかったのだが、今となっては仕方がない。
100mは、スタートで出遅れ5位位だったが途中から追い上げて3位。2年生のエントリー11人中では4位だった。
葵の2種目目は200m。小学生女子のエントリーは、幼稚園時の友達2人と葵の3人だけ。女子中学生1人と一緒のレースになった。
中学生は別格だが、友達二人も元々速いので、勝負的には勝ち目はほぼ無いが、どこまで頑張れるかと言うレースだったが、最後の直線でもう一度頑張っていたし、良く走ったと思う。
最後は、友達兄弟とうちの兄弟でエントリーした、100×4リレー。
即席でペットボトルでバトンパスの練習をしたりして楽しかった。レースでは、練習の成果で大よそバトンパスもうまく行って無事ゴール。5チーム中2位と好成績でした。

初めての陸上の大会でしたが、いろんな方にいろんな所で助けて頂いて楽しく過ごせました。
子供達がペットボトルをバトンに代わりに練習していると、陸上クラブの先生が本物のバトンを持って来て下さり「これでやってみな~」と貸して下さったり、我々は素人でしたが、アットホームで良い雰囲気の中過ごす事が出来ました。
うまく行けば、来年も出てみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »