« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011.02.27

なんちゃってパラレル。

Cimg7868当然の如く、今日もスキー。
今日は10時から2時半まで。ロープウェー5本、ダウンヒル高速リフト1本他、合計9本。昼飯はロープウェー山頂駅脇に有る「ダウンヒル」と言うレストラン。こんなに早く、子供二人とここで昼食を食べれるようになるとは... 。
娘は、ハの字からパラレルへ移行すべく練習を始めた。と言っても、私がパラレルを教えるのは難しい。簡単に私が説明して、先週は私の姉がちょっと手本を見せて、リフトの上から上手な方の滑りを眺めて、家でちょっとスキーのDVDを見て... 。親が出来ない事を教えるのは大変です。
でも、子供は大人と違って理解できると身体が動くようで、なんとなくパラレルっぽくなってきてるような... 。帰ってきて相方曰く「パパの滑り方に似てる」。ん~どうなんでしょ。
ま、大人と違って、スキーを平行にして滑った方が良いと思い始めたら勝手に滑れるようになりそう。
息子は、山頂からのロングコースを降りて来るのはまだ体力的に大変かな?と思っていたが、こちらも簡単に裏切られ、結局5回もロープウェーに乗ってしまった。それでも元気一杯。放って置いたらノンストップで降りて行きそうなんで、止めながら滑るのが大変。
で、私は、今日は2回も転んで、と言うか転ぶのは良いのだが、1回目に頭を打ったようでちょっと頭が痛い。ちょっと気にしとこう。

さて動画。
娘のなんちゃってパラレルが中心です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.02.23

姉家族来富&ジュニア検定

今年も姉家族が遊びに来た。
今年は旦那の都合が付かず、代わりになんと母が一緒に来た。
母は、孫達がスキーをやっているのを知って居ても建っても居られなかったようで、去年辺りから一緒にスキーをしたがっていた。私としてももう一度一緒に滑りたかったので、本当に良い機会になった。
母は20年ぶりのスキー。無理をしない事だけ注意して、ボーゲンで無難に滑っていた。1度転んだ時はちょっと心配したが、普通に起き上がっていたので安心。
良い思い出になったんでは無いかと思う。

子供達のスキー。
今回は、姉家族が来る日に丁度ジュニア検定が有るので、6歳の甥っ子も申し込んでおいた。
これで、息子(5歳)が6級、甥っ子(6歳)が5級、娘(7歳)が4級を受験する事になった。
6級と5級は同じコースでタイムで級が分かれるようだった。
結果は3人とも見事合格。しかも、息子は5級の合格タイムだったと言う事で、6級でも5級でもどちらの認定でも良いですよと言う事になった。バッチ集めとしては後ろ髪を惹かれるが、やっぱり上の方が良いと言う事で5級にした。
甥っ子も大阪在住で、年に数回しかスキーに行けない環境、今シーズン2回目のスキーで、しっかり合格したのは立派。

次のジュニア検定は、来月6日。今度は息子が4級、娘は3級。これ位からはちょっと厳しくなってくるので、不合格の可能性も十分出てくる。ま、それはそれで経験になるし悪い事ではない。そう言うことも経験しないと。

姉家族+母ご一行は、月曜日に帰って行った。
基本的にはずっとスキー。午前中は、母が下の甥っ子(3歳)の面倒を見て、午後から私の相方が甥っ子を家に連れて帰り、母もスキーを履いて滑る。疲れない程度で母は休憩し、その間に子供3人と私と姉で、もう少し上のコースへ滑りに行く... と言った流れ。日曜日の最後にはその5人でロープウェーにも乗って、上から下まで滑って降りた。
来年からは上の甥っ子が小学校に上がるので、この時期に富良野に来るのが難しくなる。したがって、今回の様なスキーはもう難しいかも知れないのが残念。

母は、スキーはこれで最後と言っていたが、そう言わずにこれからも滑って欲しい。70歳を超えた方でも滑っている方は沢山居るし、まだまだ大丈夫。
でも、私としては、母が孫と滑って貰えた事が本当に嬉しかった。これで母が私達に教えてくれたスキーが次に繋がっていく事を身をもって感じてもらえたと思う。

さて、今回も動画。
オレンジのウェアを着た女性は姉。SAJの級別1級の持ち主です。私の指導や手本もやっても貰いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.02.12

ポール練習。(今年13回目のスキー)

結局、先週の日曜日はナイターでもスキーに行き、それと昨日と今日。身体が持たん... 。
Cimg7722Cimg7724昨日は、朝からスキー教室のあと子供二人と数本滑り、昼からは娘と二人で滑った。新富良野プリンス側のコースに行き、初めて娘と100人ロープウェーに乗って上に上がった。上の食堂で昼食を食べ、その後富良野スキー場の一番高いリフトに乗って頂上に上がり、ゆっくり降りてきた。
Cimg7732その後下まで滑ってもう一度ロープウェーとリフトで頂上へ上がり、最後は連絡リフトで何時も滑っている北の峰側へ戻って帰った。
結局何処がきつかったかと聞かれれば、実は連絡コース。コース幅も狭いし傾斜も急だし人も多いし... 。連絡コースがもう少し簡単ならもっと初心者の間から北の峰ゾーンと富良野ゾーンを行き来できるんですけどね。
それにしても、景色はどこも最高!特に頂上付近へ上がると景色が変わる。平地は、「下界」 と言う感じ。
とりあえず、何時も見上げていたロープウェー(子供達は バス と読んでる)に乗れて、スキー場の一番上まで行けたのは自信になった様で良かった。

で、今日。
Cimg7735今日もスキー教室。昨日も今日も、スキー教室の間は息子を連れてスキー教室で設置されているポールコースを滑らせている。
今日は、リフトで一緒になったちょっと年配の指導員の方と話しが出来た。今日はスキー教室の補助で、ポールコースの設置や整備を担当しているらしい。その方に、ジュニアの検定の事や、ボーゲンからパラレルへどう移行したら良いかなど、いろいろ教えて頂いた。で、その方がコースを整備している所へ丁度お邪魔し息子を滑らせて貰うと、「こりゃ~5級は堅いわ~」と声を掛けて頂いたりした。

娘のスキー教室は、今日でお仕舞い。
最後は全生徒の滑走をお披露目して終了。みんな良くがんばりました!

ちゅう事で、今日も動画を。
息子の動画が多い。娘の動画は2つしかないが、理由は娘が滑るコースが急なコースになって来て、私が動画を撮る余裕が無いことが原因。ひとつは、最上部のコースを下りていく所。もうひとつはスキー教室最後のお披露目滑走。
息子の動画は色々。兎に角上達が早い。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.02.06

今日もスキー(10回目)

今日もスキー。
今日も、娘のスキー教室の為、その間、私は息子とスキー。
娘は昨日5級合格してるので、今日は4級のコースで練習しているようだった。ポールは左右に少し振ってあり、傾斜も少し急な所だった。
息子は、私と少し上のコースまで出かけたりした。
和也も5級は受かるよな~と昨日思っていたので試しに滑らせて見たいな~と思っていたら、スキー教室で設置しているポールコースが開いていたので、ちょっと(勝手に)滑らせて貰った。丁度5級用のコースだったが、全く問題なさそう。傍らで見ていた方に「上手だね~」と声を掛けてもらって、息子もご満悦。

娘のスキー教室が終わってから、娘も一緒に数本滑って、もう1本滑って帰ろうと言う時に、息子が平地で転んだ。足があっちに向いて息子も痛がっていたので、娘に3人分のストックを持たせ、私が息子を抱えて戻った。
幸い、家に帰ると足は痛いと言いながらも走り回っていたし、腫れや変形も無いのでまず大丈夫だろう。

ちゅう事で、また動画。
最初は、スキー教室での娘のポール練習。恐らく4級練習。
次は、初心者コースの中では少しきつめの斜面を滑る息子。
その次が、ポールコースをちょっと滑らせて貰った息子。多分5級練習用。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.02.05

ジュニアテスト5級合格

Cimg7683Cimg7690今日はジュニアのスキーテスト。正式には、「SAJジュニア基礎スキー技能テスト」と言うらしい。一応ちゃんとした公認テストで、これの2級を取ると、大人の級別バッチテストの1級の受験資格になるらしい。
で、今回は娘が入っているスキー教室で受けることになった。受けたのは下から2番目の5級。
で、見事合格。ま、もう一つ上でも良かったとは思うが、初っ端から落ちてたら可哀相だと言う事で5級。
ちなみに、合格すると写真のバッチと合格証が貰える。バッチが貰えるのでこれもバッチテストとも言うらしい。
しかし、やって見て分かった事は、本人が「急いで滑らないといけないと思っていない」事。このテストは、タイム計測で、制限タイムを切れば合格。つまり、早く滑れば良い。しかし、本人は普段のスキー教室で言われたフォームを気にして滑ったようで全く急いでいない。これで落ちてたら可哀相だったが、受かってよかった。
で、今後は、2月19日に2回目のテストが有るので、もう一つ上を受ける予定。で、その後、3月の5日に南富良野でもあるので、もし行けそうならもう1回受けようと思う。
で、下の息子。こちらは5歳なので受けれるのか分からないが、南富良野の時に聞いて見ようと思う。実力的には5級は固いので、受けれるなら受けさせてやりたい所。

で、今回も動画を少し。
最初は、先週娘と行ったジャイアントコースの上部。結構きついが降りては来れる。
で、真ん中辺りにジュニアテスト。
最後は、アゼリアコースを滑る子供等。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »