« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010.12.26

4回目のスキー。

Cimg7567
写真は昨日だが、今日も行ってきた。これで子供達は4回目。私は5回目。
娘は引き続きスキー教室。私は息子とフリー滑走。
娘は、スキー教室で、ジュニアテスト向けのスラロームの練習を始めた。上手いかどうかは分からないが、それなりにがんばっている。
息子は、私と一緒にちょっと起伏のあるコースへ。コース名で言うと「レッスンC」。人も少なく、傾斜もそこそこ。幅もあって丁度良い。最後にジェットコースターの様に急に下って大きく登る所があり、それを気に入っているようだ。

息子は、怖い物知らずが高をそうして上達が早い。それに滑るスピードも速い。娘と一緒に滑ると、娘を置き去りにしてしまう。放って置くと直滑降で行ってしまうので、「曲がれ!!」と常に叫んでおかないといけない。それでも、傾斜が急な所は急ブレーキを掛けて減速しているので、見てて危なくは無い。

ちゅうことで、動画をUPしたので、気が向いたら見てください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.23

スキー教室。

Cimg7535上の子の「富良野ジュニア基礎スキー教室」が始まった。今年は雪が少なかったが、今日からなんとか北の峰側のゲレンデも一部オープンし、スキー教室も無事開催となった。
今日は1年生のみの講習(予備講習みたいな感じ)。時間は9時半から11時15分。ま、子供には丁度良い感じ。今シーズンは今日を入れて7日間の講習とジュニアテストが2回あるらしい。
今日は、申し込み時のアンケート(靴を履けますか?リフトに乗れますか?など)を元に、全部で9チームに別れて講習開始。チームは生徒6名に先生2名。娘のチームはある程度滑れるチームだったので、集合場所でスキーを履いて、少し自分で斜面を登って滑って軽く実力を確認してから、開始30分後位にはリフトに乗っていた。結局9チーム中4チームか5チームはリフトに乗っていた。
今日は私も付き添いを兼ねて下の息子と滑っていたので途中で遭遇したが、ボーゲンで身体を上下に上げ下げしながら制動のレベルを見たり、左右にカーブしながら滑ったりしていた。娘はとりあえずキッチリ付いて行っているようで安心した。
ただ、当たり前だが他に自分より上手い子は居るようで、それがちょっと気になっているみたい。その子に追い付こうとするのか、簡単に諦めるのか、ちょっと面白くなりそう。

ちゅうか、実は私はスキー教室に入った事がないし、ボーゲンに毛が生えた程度のしょぼい腕前なので、一緒に付いて回って盗み聞きしたい位。娘に何を習ったか聞いて盗まないといけない(^^;。

それにしても今日はずっと雪が降り続いていた。滑っている間も雪が酷く視界も悪い。リフトで言うと、5つ前は見えない。暗いので起伏見えず、新雪も積もって行くので初心者的にはちょっと滑り辛くなっていて、下の子は珍しく2回も転んだ。ま、そうやって苦労して降りてきても、「もう1回行く!」と言うのは大したもの。こっちが辛い(^^;;;。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.19

今シーズン初滑り。

Cimg7527今日は、家族を連れて初滑りに行った。場所は何時もの富良野スキー場
と言っても、実は私は昨日も会社の人と行ったので、私は2日連続。ちょっと体が痛い... (^^;。

今年の富良野スキー場は例年に無く雪が少なく、未だに部分営業が続いている。動いているのは、新プリ側のゴンドラ(ロープウェイ)と、上部と下部の短いリフト1本つづのみ。コースも数本しか開いていない。勿論、北の峰側のコースは完全クローズ。ただ、昨日の朝からまとまった雪が降ったので、北の峰側も辛うじて圧雪車が走れたようで、家から眺めると立派にコースに見えるようになったが、まだ雪が少ないようで、今日はまだ開いてなかった。

コースが少ない事もあって、ゴンドラもリフトも過去に無い混み様。ゴンドラは4本くらい待たないといけない位外まで並んでいた。リフトも写真の通りの並び方で、これも私がここで滑り始めて初めての経験。

今日はコースに何時もよりも人が多いので注意して滑ったが、子供達も直ぐに勘を取り戻してしっかり滑っていた。来週末からは子供のスキー教室も始まるので、最低限の足慣らしにはなったと思う。あとはスキー教室の先生に教えて貰えれば良いかな。

Cimg7534家の前の雪はこんな感じ。スキーから帰って下の子がそりで遊んでた。
屋根の雪もこの状態。発電は今日も無し。実はここ6日間合計で2.3kWhしか発電していない。ま、こればっかりは仕方が無い。
雪が無いとスキーは出来ないし、でも雪が降ったら発電もしないし、雪はねもしないといけない。
それにしても雪が少なすぎるので、とりあえずはやっぱり冬だし雪降ってほしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

電気代(10年12月)

12月の検針がありましたので報告しておきます。合計では940kWhとなった。
詳しいデータはこちらを。
前年比で、
昼間が、230kWhで、24kWh減(9%)、
夜間は 309kWhで、1kWh増(0%)。
暖房は、348kWhで、26kWh減(7%)。
太陽光の自家消費分は、53kWh。
合計で、940kWhで、27kWhの減(2.8%)となった。
期間稼働日は、29日間。1日当りは32.4kWhで、0kWh/日の増減無し。

次に、太陽光分(11月9日~12月7日までの29日間)。
発電量は、224kWhで、66kWh増(42%)
自家消費分は、53kWhで、18kWh増。
売電量は、171kWhで、48kWh増(39%)。
売電率は、76.3%
となった。

今月も減少とはなったが、1日辺りでは前年と同じ。気温が高かった割りに減らなかったと言う感じ。
太陽光は前年よりもかなり良かった。

今年度の金額的なデータとしては、
電気代    118,643円
売電代    192,672円
差引電気代 ‐74,029円
となった。

電気使用量としては
2006年 11,046kWh
2007年  9,957kWh
2008年  9,356kWh
2009年  8,864kWh
2010年  8,919kWh
と、初めて前年を上回ってしまった。
今年上半期の冬の間にかなり前年を上回っていたのが響き、下半期が毎月前年を下回っても取り返す事が出来なかった。やはり、消費電力の多い冬の間の対策を考えないと、夏にがんばっても厳しい事がわかった。
と言っても、基本的にはほぼ限界に近い。前年よりは増えたと言っても、2006年比では20%減っている訳で、ある程度まで減っていると考えるのが妥当だと思う。
さて、これからどうするか。無理をしない、コストをかけない方法があるか、ゆっくり考えてみたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.12.01

太陽光発電結果(10年11月)。

11月の発電は終わりましたので、太陽光発電の結果を。

我が家の太陽光発電システムは、シャープ製5.12KWです。
1011

総発電量  236kWh。
自家消費   58kWh。
売電量    178kWh。
売電率    75.4%
最大発電量 20.5kWh/日
日照時間   79.6時間(前年48.4時間、平年67.4時間)
直近12ヶ月発電量 4820kWh
システム1KW当り 941kWh

ちなみに、WEBモニタリングサービスからダウンロードしたデータはこちら

これで1年が経過した。
今月は、久々に日照時間も多めで発電量は意外と伸びた。前年比73kWh増は大きい。データを見て頂くと分かるが、月前半は厳しかったが後半盛り返したのがわかる。
また、雪の影響がほぼ無かったのも大きい。少しは雪も降ったし屋根にも積もったが、上手く落ちてくれた。落ちてくれると気温も低いので案外発電する。
ただ、太陽高度がかなり下がって来ているので、完全に晴れていても1日の発電量は20kWhそこそこしか発電しなくなって来た。これまた仕方が無い。完全に晴れている日の瞬間発電量も3.7kWh程度になっている。

さて、来月再来月は、年間で一番発電量が少ない月になる。
なんとか前年を少しでも越えて欲しい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »