« エコキュートの消費電力(10年10月) | トップページ | 太陽光発電結果(10年11月)。 »

2010.11.26

普通救命講習を受講した。

ちょっと空いてしまった... 。
とりあえず、まずは救命講習の話題。

仕事で、防火管理者講習を受ける事になり、昨日と今日の2日間受講してきました。
ま、防火管理者講習も良かったのですが、もっと良かったのは、防火管理者講習の中に組み込まれていた、「普通救命講習」。
簡単に言えば、人工呼吸と、心臓マッサージのやり方で、今回はそれとAEDの使い方も含めた応急処置(CPR?)の講習だった。

私は1度(もう20年近く前ですが)、交通事故直後の意識不明の方の初期の救助を手伝った事があります。ですが、その時は結果的に119番通報と、周辺整理、それと救急車の誘導等をやっただけで、患者の方には手が出せませんでした。これは「やらせて貰えなかった」では無く、「やろうと思えなかった」のが正直なところ。私が心臓マッサージをためらい、まず119番通報をしている時に別の方が駆けつけ躊躇無く心臓マッサージを始めていました。本当に感心しました。すごい人だと思いました。それと、数十人は居た「見物人」が憎くも見えました。

今回はたまたた防火管理者講習を受ける事になり、その中にたまたま応急処置のメニューが有った為に思いがけず受講する事になりましたが、防火管理者講習自体よりもこちらの方が為になったと思います。
その時は、返答が無く呼吸も止まってそうな患者さんの傍に立ってしまった事を後悔しました。しかし、講習も受けておらず、どうやれば良いかも分かりませんでした。
勿論、講習を受けたからと言って、そう言う場面に遭遇したら絶対にやらないといけない訳ではありませんが、今度もし私が同じような状況に出会ったら、勇気を出してやってみようと思いました。
それが、あの時亡くなった方への報いにもなる気がします。

皆さんも機会が有ったら是非受講してみて下さい。
少なくとも良い経験になると思います。

|

« エコキュートの消費電力(10年10月) | トップページ | 太陽光発電結果(10年11月)。 »

「日常」カテゴリの記事

コメント

なべやんさん

こんにちは。お久しぶりです。

僕も18歳の時に、自動車教習所で救命を習ったばかりのその日に自転車に乗ったお爺さんがトラックに跳ねられると言う現場を目撃してしまって…

救急車を呼んだ後に救命をやろうとしましたが、誰かに制止された記憶があります。

救命は難しいです。出血していたり、脳内出血を起こしている場合は心マッサージをやらない方がいい場合もあるそうで…

スポーツをしていて、ボールや人とぶつかって心臓が止まった場合、外傷がなければ速やかに心マッサージをした方がいいとか言われたりしますが、今、それに近い現場にいる今でも迷うことはあります。後になってあなたのとった行動は悪かったですとなったら嫌ですが、AEDは使えるし、やる時はやってそうな気がします。


医療従事の専門家はどうなんだろうかといつも勉強してて思いますよ。


追伸 遅くなりましたが、22日ほくでんと連係となりました。またブログに遊びに来てくださいね!


富良野スキー場が気になる帯広在住でした。

投稿: もみじ | 2010.11.27 18:40

もみじさん
もみじさんも遭遇されたんですね。
私の場合は、命に関わる様な時は、出来るだけ「見て見ぬ振り」はしないように心がけているつもりです。
搬送中の救急車に車が突っ込んで救急車が横転したのを目撃した時も車を止めて二次災害防止を手伝ったり、国道で目の前で軽トラがワンボックスに追突して大破した時も車を止めて、挟まれて意識を失ってた運転手への声掛けを続けたり... 。
確かに、心臓マッサージは色んな意味でリスクがあるとは思います。ですが、これからも色々な勉強や経験をして冷静な判断が出来るようになりたいと思います。
そう言う意味でも、自分が何か出来る時に何もやらずにわざと見過ごすような事はしないように心掛けています。

>富良野スキー場が気になる帯広在住

あ、スキーされるんですね~。
現在の富良野スキー場は、残念ながらほぼ雪は有りません(^^;。ですが、ここ数日気温が低いので人工降雪をやっているようで、夜は圧雪車(?)が動いている様な光が見えますよ。

投稿: なべやん | 2010.11.27 22:21

とても大切なことですね。
私も目の前で事故を見まして・・あの時はドアを開けようにも歪んで開かず、レスキューが来るのを待つだけでした。

今度機会がありましたら参加したいと思います。

投稿: sniper | 2010.11.28 23:25

どんな時でも、意識のない呼吸のしていない人には胸を押してください。
結果については「良きサマリア人の法」により、何も問われることはありません。
ちなみに私も防火管理者を持っていますが、今はCPRを含まれているんですね。それはすごいです。びっくり!

人工呼吸はもうしなくていいですから、とにかく胸を押すことと、AED。絶対やってください。

投稿: Harry | 2010.11.29 20:25

sniperさん
開かなかったらどうしようもないですね。待つしかない。仕方が無いです。
CPRの講習は無料の所が多いですし、たった3時間ほど。それで良い体験ができます。
機会が有れば是非参加されて下さいね。

投稿: なべやん | 2010.11.29 21:49

Harryさん
Harryさんはその道のプロですから、私からは何も言えません。
どこでもやっているのかどうかはわかりませんが、防火管理者講習にCPRが含まれて居るのは良い事ですよね。
それで良いんですよね?>どんな時でも、意識のない呼吸のしていない人には胸を押してください。
Harryさんにそう言って貰えると心強いです。その場面に遭遇した時は、この言葉を思い出して勇気を出して押すようにしたいと思います。
有難う御座いましたm(__)m。

投稿: なべやん | 2010.11.29 21:54

いざというとき、正しい知識は大事ですね~。
私もまた習いたいです。

大昔、妹が車にはねられた時、意識がなく、痙攣し、舌根沈下してました。親父が喉に指を突っ込んで、気道確保をしてました。
数年後、免許取得時に応急救護を学び、正しい気道確保を学びました。
なので、家の前で衝突事故が発生した時に、おばあさんの気道確保が出来ました。
翌日、おばあさんが病院に向かう姿を見たので、大事にいたらず、安心し、ホッとしました。

その時思ったのは、ただ見てるだけの野次馬と、事故で気が動転した運転手は、全く役に立ちませんね~。
(コメントが小学生の作文みたいで済みません...)

投稿: aki | 2010.12.01 00:25

akiさん
妹さんはどうなったのでしょうか... 気になります。
現場に遭遇した時、何も知らなければ正しい方法等出来るはずも無いが、知っていれば正しい方法で出来る可能性がある。勿論、出来る出来ない、やるやらないは別ですが、学んでいて損はしないでしょう。
ましてやakiさんの様に肉親だと、その時に「学んで居たらよかった」では済まされませんし... 。
ただの野次馬にはなりたくないですしね~。

投稿: なべやん | 2010.12.01 21:15

妹は、額を切ったくらいで、命に別状はありませんでした^^
おっちょこちょいで不器用は今も変わりません...。

投稿: aki | 2010.12.15 23:04

akiさん
それは良かった... 気になってたもので(^^)。
わざわざ報告有難う御座います。

投稿: なべやん | 2010.12.16 20:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62993/50138855

この記事へのトラックバック一覧です: 普通救命講習を受講した。:

« エコキュートの消費電力(10年10月) | トップページ | 太陽光発電結果(10年11月)。 »