« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010.11.26

普通救命講習を受講した。

ちょっと空いてしまった... 。
とりあえず、まずは救命講習の話題。

仕事で、防火管理者講習を受ける事になり、昨日と今日の2日間受講してきました。
ま、防火管理者講習も良かったのですが、もっと良かったのは、防火管理者講習の中に組み込まれていた、「普通救命講習」。
簡単に言えば、人工呼吸と、心臓マッサージのやり方で、今回はそれとAEDの使い方も含めた応急処置(CPR?)の講習だった。

私は1度(もう20年近く前ですが)、交通事故直後の意識不明の方の初期の救助を手伝った事があります。ですが、その時は結果的に119番通報と、周辺整理、それと救急車の誘導等をやっただけで、患者の方には手が出せませんでした。これは「やらせて貰えなかった」では無く、「やろうと思えなかった」のが正直なところ。私が心臓マッサージをためらい、まず119番通報をしている時に別の方が駆けつけ躊躇無く心臓マッサージを始めていました。本当に感心しました。すごい人だと思いました。それと、数十人は居た「見物人」が憎くも見えました。

今回はたまたた防火管理者講習を受ける事になり、その中にたまたま応急処置のメニューが有った為に思いがけず受講する事になりましたが、防火管理者講習自体よりもこちらの方が為になったと思います。
その時は、返答が無く呼吸も止まってそうな患者さんの傍に立ってしまった事を後悔しました。しかし、講習も受けておらず、どうやれば良いかも分かりませんでした。
勿論、講習を受けたからと言って、そう言う場面に遭遇したら絶対にやらないといけない訳ではありませんが、今度もし私が同じような状況に出会ったら、勇気を出してやってみようと思いました。
それが、あの時亡くなった方への報いにもなる気がします。

皆さんも機会が有ったら是非受講してみて下さい。
少なくとも良い経験になると思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010.11.03

エコキュートの消費電力(10年10月)

エコキュートの10月の消費電力が出たので報告しておきます。

期間は10月1日~31日までの31日間。
消費電力は、133kWh。
1日当りで、4.3kWh。

エコキュートは、コロナ製の370L型で、-20度対応タイプ。
設定は、「おまかせ」の「湯量少なめ」。今月より「湯量控えめ」から「湯量少なめ」に1段階上げた。
特記事項はなし。

期間中の平均気温は、9.5℃。
最低気温は、-3.0℃。
最低気温の平均は、+5.1℃。

続いて、エコキュートの消費電力と平均気温との差のグラフ。
1010

エコキュートの設定を、今月から変更した影響も有り、消費電力量は大幅に増加。
丸1年同じ設定で行けたらデータとしては良いのだが、多めの設定だと夏場に湯が残って勿体無いし、少なめだと冬場に湯が足りなくなる事があるので、データも大事だが生活も大事と言う事で勘弁願いたい。
実際のヒートポンプ自体の成績としては、毎月7日頃にUPしているエコキュートのCOPのデータで良しとしたい。

今月は、気温がぐんぐん下がっていく月に入ったので、データを取っている省エネナビを見ていると消費電力も日々多くなって行っていた。最低気温の平均が+5度台と下がって来ているが、例年だと来月にはこれがマイナスになる。いよいよエコキュートには厳しい季節に突入する。
エコキュートの設定が、もう少し細かい設定が出来れば確実に消費電力は抑えられるのだが、エコキュートも一般家電の範疇だと思うので、そうは行かないのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.11.01

太陽光発電結果(10年10月)。

10月の発電は終わりましたので、太陽光発電の結果を。

我が家の太陽光発電システムは、シャープ製5.12KWです。
1010

総発電量  386kWh。
自家消費   62kWh。
売電量    324kWh。
売電率    83.9%
最大発電量 24.3kWh/日
日照時間   122.9時間(前年103.5時間、平年114.6時間)
直近12ヶ月発電量 4747kWh

ちなみに、WEBモニタリングサービスからダウンロードしたデータはこちら

これで1年が経過した。
直近12ヶ月では、4747kWhとなった。システム1KW当りで927kWh。
当初の思惑よりは少なかったが、日照時間も平年の90%程度だった事を考えれば合格点かな?と言う感じ。
これからは前年対比となって行く。また、11月からは雪や霜の影響が出てくる厳しい季節になる。
雪の影響が少ない事を祈ろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »