« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010.01.17

今年3回目のスキー。

Dsc_7413今朝は冷え込んで、朝8時現在で-21.5℃。
今年一番ではないが、休みの日としては最低かも知れない。
窓の外を見るとダイヤモンドダストが綺麗に輝いていた。
天気も快晴。
絶好のスキー日和と言う事で、近所の富良野スキー場へ、早速スキーに出かけた。
Cimg6886_3スキー場は相変わらずガラガラと言える程度の人出。雪質も最高。スキーが「キュッキュ」と泣く位の雪質。滑り始めた10時頃でもまだ-18℃位は有ったと思う。それに標高も高いので、-20℃は行ってたかも知れない。下の息子は、手が冷たいと泣き言を言っていたが、手をこすったり、「グーパー」とさせて頑張らせた。
Cimg6889Cimg6893何時もは、超初心者用の「プリンスロマンスリフト」に乗って、「プリンスコース」と言う所を滑っていたのだが、上の娘がそろそろ行けそうなので、二人で「富良野ダウンヒル高速第1リフト」と言う1900mも有る長いリフトに乗って上に上がってみた。
写真左は、リフトを降りて左側の「スピースコース」側に行った所。眺めは最高だが、思いの他急斜面で、親がビビる(^^;。だが、娘は案外平気で、「行こう行こう!」とせがむ。兎に角ゆっくり行こうとコース幅一杯を使って行くと、娘はかなり安定してビビる事無く降りて来た。右の写真は、急斜面が終わって比較的緩斜面になった所。急斜面は少しだけで、途中から何時もの「プリンスコース」よりも少し急な程度だったので、難なく降りて来た。
こうなると、行ける範囲がぐっと広がる。
リフトには全部で4回乗り、12時位には帰ってきたが、帰りの車の中で「次回は北の峰側に行こう」と嫁と話していると、娘は「昼から行こう!」とぬかしやがる。親がムリだっつーの。
ま、兎に角、嫌がらずに前向きに取り組んでくれているのは嬉しい限りだし、それが私の役目なので、今の内は行きたがる時は出来るだけ連れて行ってやろうと思う。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010.01.12

エコキュートの消費電力(09年12月)

エコキュートの12月の消費電力が出てるので、UPしておこう。

期間は12月1日~31日までの31日間。
消費電力は、204kWh。
1日当りで、6.6kWh。

何時もの事だが、我が家は2日に1回しか風呂を入れない。
エコキュートは、コロナ製の370L型で、-20度対応タイプ。
設定は、「おまかせ」の「湯量少なめ」。
今回の期間中は、大晦日1日だけ帰省の為「休止」にしていた。(実際は31日から5日までの6日間休止)。

期間中の平均気温は、-4.8℃。
最低気温は、-24.0℃。
最低気温の平均は、-9.4℃。

気温が、極寒地っぽくなって来た。
ただ、最低気温は-24℃と低いが、期間中に-20℃を下回ったのは1日だけだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.10

大変だった帰省。

あけましておめでとう御座います。

今年の正月も、大阪に帰省してきました。
いろいろ有りまして、詳しく書こうと思っていましたが、逆に重荷になってなかなか書こうとしないので、簡単にする事にしました。

日程は、29日の夜中、苫小牧港発、30日夜敦賀着のフェリーで帰省し、7日早朝1時頃発のフェリーで戻って来る予定「でした」。
行きのフェリーは揺れて私と娘は船酔いしたものの、なんとか定刻に敦賀着でした。
当初は、私の実家(大阪)に入り、31日に別途空便で帰省してくる相方と合流する予定でしたが、子供達も元気にしているので、もう1日合流を伸ばし、新年明けて元旦に相方の実家(明石)に向かい、妻と合流。そこで2泊し、今度は私だけが私の実家に移動。で、その次の日に相方と子供たちが私の実家に合流、と、なかなかいつもと違う行動でした。
休み中は、相方の実家では水族館に行ったり、温泉に行ったり、墓参りをしたり、住宅展示場を回ったり。
私の実家では、甥っ子たちと遊んだり、墓参りに行ったり。
ま、双方の両親も元気で、よく子供達の相手をしてくれ、楽しい正月でした。

しかし、最後に事件発生。
私の実家に戻ってから、帰りのフェリーが気になって、波浪情報や、フェリー会社の情報を見ていると、荒天の為、帰りのフェリーが出向するかどうか怪しくなってきました。事実、5日のフェリーは欠航になってしまいました。
今回の帰省では、正月休暇を2日延長しており、また遅れる訳には行きません。それと、父親の教えで、「予定が狂うのが分かった時に、手を打たずそのままにして仕事に遅れるのは出来ない社員」と言うのが頭に過ぎり、次の手を考えた挙句、結論は「一番可能性があるのは、走って帰ること」しかありませんでした。

急遽、フェリーを10%の手数料を払ってキャンセル。子供と相方を道連れにするのは酷なので、羽田からの飛行機を急遽手配。高速の1000円割引はありませんが、高速をフルに使って帰る事を決意し、予定を早めて6日の早朝6時半に子供と相方を連れて大阪を出発。
約6時間半掛かって、羽田空港に13時過ぎに到着。飛行機は15時半なので十分間に合った。私は直ぐに首都高に入り、一路東北道へ。慣れない首都高でテンパリながらも、なんとか予定通りのルートで東北道へ入ったのが、14時頃。そこからは時間と路面状況に気をつけながら、とにかく北上。何度か休憩しながら、八戸と青森への分岐点の手前の岩手山SAに着いたのが20時半過ぎ。
で、まずは八戸~苫小牧のフェリー会社へ電話。フェリーは出ているが、キャンセル待ち。次に青函フェリーへ電話。しかしこれも明日一杯は満席。しかし、同ルートの別のフェリー会社「津軽海峡フェリー」を紹介して頂き、そこに電話した所、空席有りで翌2時40分のフェリーの予約完了。で、そこから青森へ向かった。
青森までの高速は、路肩や周りはかなり雪が有るものの、路面は融雪材のお陰でウェット状態。雪もほとんど降って居らず、普通通り走れる。予定よりフェリー埠頭に早く着いたので、フェリーも1便早めて、23:50発に乗れた。
約4時間で函館着。乗っている間は、完全に爆睡で、揺れたかどうかも覚えていない。兎に角、「そろそろ着きます」とのアナウンスで飛び起きた。3時50分下船。少し走るも、やはり眠いので、大沼公園のPAで仮眠。
2時間寝て、7時前に起床。外は明るくなっていた。薄曇の中、大沼公園と、駒ケ岳を眺めながら、ゆっくりと出発。そこからは、落部ICから高速に乗り、苫小牧で降りて、富川・日高・占冠経由で、1月7日の13時過ぎに富良野にたどり着いた。

総走行距離は、1750km。時間にして約30時間。平均燃費は16.2km/Lだった。
11年目に入り、走行距離17万8千キロのオンボロアコード君も、最後まで快調に走ってくれた。

時間もかかり、高速代も3万近く掛かって大変だったが、とても良い経験になった。
それと、やっぱり日本は狭い、と感じた。
それと、やっぱり我が家は良い、とも感じた。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »