« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009.10.29

太陽光発電パネル稼動開始!

今日は、待ちに待った系統連係の日になりました。
立会いが必要と言う事で、仕事を中抜けして、1時半から作業開始。
ほくでんの人が2人(営業系と技術系)と、太陽光の販売業者と、電気工事の業者の計4名の方が来られました。
表示モニターで、パワコンの逆潮流の電圧などを、ほくでん指定の数値にセットし、それをほくでんが確認。他のブレーカー等の設備を確認後、いよいよ、連係開始。
Cimg6818これが、連係開始10秒後位の表示モニターの数値。折角の連携開始なんで、晴れててドカンと発電してくれていれば良かったのですが、生憎の曇り空だったので、こんな数値になってしまいました。
兎に角、今日から我が家も発電所になりました(^^)。
その後、ほくでんと需給契約の書類等に捺印し、販売業者からは、保証書や取説等を受け取り、簡単にモニターなどの説明を受けて終了しました。

と、言う事で、今日は販売業者の方と、パワコンの蓋を開けてみましたので、パワコンの写真をUPしておきます。
Cimg6815これがパワコン内部です。型式は、JH-L9Y3。北海道電力用の型式らしいです。シャープのパワコンは、接続箱機能も内蔵なので、パワコン自体にパネルからの3系統の配線が入っています。変換効率は、94.0%。接続箱機能込みの変換効率なので、三菱のとそう差は無いと言っていました。
しかし、その分熱は発生するはずですので、ファン付です。
元々このパワコンは屋外設置仕様なので、ファンが付く事で少々音が大きく(40dB)ても良いのでしょう。床下設置と言うのは音の心配もあったそうです。
(写真内の白い光はカメラのフラッシュ、その右上のオレンジの光は、床下の裸電球です)
Cimg6816これがパワコンの設置状況。床下です。パワコンの高さは約41cm。厚さは約18cmあります。壁はRCの基礎壁に断熱ボードを張ったもので、パワコンはその断熱ボードに設置された形です。熱が気になりますが、冷却ファン付と聞いて少し安心しました。手前に見えているのが、ファンの排気口だと思います。
配線は、パワコンの前後は剥き出しですが、それ以外は保護チューブに納められた状態で配線されています。
黒く束ねられたケーブルが太陽光関係のケーブル。右上に2本並んで見える白い被覆された配管は、パネルヒーターへ向かう暖房の温水配管。右中辺りから、真ん中下の基礎内に入って行っているコルゲートチューブは、他の電気の配線だと思います。その奥に見える白い箱2個は、床下に置いているただの荷物です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.10.27

屋根裏。

太陽光の配線工事の時に撮った、屋根裏の写真をUPしてみます。実は、家に住んでから、屋根裏を覗いたのはこれが初めてです(^^;。
なんせ、点検口の上まで断熱材なんで、点検口を開けるのが怖かったもので(^^;。簡単に言えば、点検口を無造作に開けると、断熱材が落ちてきます。それを落ちる前に支えて、屋根裏に押し込んでからでないと開けれません。ちょっと面倒ですが、仕方が無いです。
Dsc_66551枚目は、断熱材の状態です。
断熱材は、ブローイングのグラウウールです。断熱材を施工した会社の名前が付いたスケールが目安ですが、それによると、しっかり300mmは乗っている様です。これには安心させられました。
Dsc_6656次に、太陽光パネルのビス止め状況。
説明通りですが、屋根の野地板を貫通しています。これを見るとやはり雨漏りが心配になりますね。ブチルゴムも出て来ているので、予定通りでしょうが、これで大丈夫なのかな?とやはり思いますね。板金屋根に付ける場合はどこもこんな感じなんでしょうかね?
ま、ビスが見えていますので、今後時々覗いてみようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.10.25

太陽光進捗(配線工事)

昨日、太陽光の配線工事が終わりました。
旭川の電気屋さんが3人で来て、朝の9時半から休憩を挟んで、18時半過ぎまで掛かりました。
当初は、屋根から屋外配線で基礎まで降ろし、そこから基礎を貫通して床下に入れるつもりだったようですが、先日の打ち合わせの段階で、私の要望で、軒先から屋根裏に入れそこから屋内を通して床下まで下ろす事にしたので、余計時間が掛かったようです。
経路上の、2階トイレ内だけは露出(カバー付き)ですが、それ以外は暖房の配管やトイレの排水管を通しているスペースに入れましたので、すっきりしています。
懸案のパワコンは、結局床下の壁に取り付けました。スタイロホームの上なので少し熱が心配ですが、中空に浮かしてぶつけたりするよりは良いかと思います。今後、熱の持ち方等を見極めて、必要であれば対策を打ちたいと思います。
現在は、ブレーカーを切っている状態で、何も動いていません。
この後は、ほくでんとの連係検査と受給契約をして、いよいよ稼動となりそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.10.23

太陽光進捗(パネル設置写真)

Dsc_6644_3
昨日設置して写真が撮れなかったパネルの写真をUPしておきます。
横幅で、計算上は凡そ35cmづつの余りが有ります。シャープの基準では20cmづつなので、許容範囲のようです。
屋根の頂点部分以外の南面屋根は、軒以外はほぼ隠れている事になります。ここまで覆うと、夏の暑さ対策にもなりそうです。
かなり屋根にピッタリハマってて、バッチリだと自己満です(^^;。

配線工事は明日やる事になりました。
明日は立ち会えるので楽しみです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.10.22

太陽光進捗(パネル設置)

本日、パネルの設置工事をしました。
が、残念ながら、私は仕事の関係でどうしても立ち会う事が出来ず、帰宅も遅かったので写真は明日UPします。

現在までの流れとしては、16日に補助金の交付決定通知書が、太陽光発電協会から届きました。
決定日は、9月29日付けで、その日から15日以降、3ヶ月以内に工事を完了しないとなりません。

で、今日パネル工事。
配線工事は後日です。

明日またUPします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.08

電気代(09年10月)

10月の検針がありましたので報告しておきます。合計では392kWhとなった。
詳しいデータはこちらを。
前年比で、通常電力(ドリーム8)は、
昼間が、8kWh減(4%)、
夜間は、15kWh増(9%)。
合計で、7kWhの増(2%)となった。
暖房用電力(ホットタイム22ロング)は0だった。
期間稼働日は、30日間。1日当りは13.1kWh。

エアコンを稼動させていた関係で、今月は増える予想だったが、その増加幅は予想よりも少なかった。
結果的には、前年7kWhの増加となったが、実は昨年はからくりがある。昨年の10月の検針時に、既に使用を開始していた暖房用電力のメーターの読み違えで、暖房用電力が0となっていた。なので、それをプラスすると、昨年は385kWh+30kWhの415kWhとなり、今年の方が少なくなる。
そう言う事情を加味すると実は今年は優秀で、実質的には過去最低を更新した事になる。
やはり、エアコンの影響は今の所良い方に作用しているようだ。

金額としても前年を下回って10月の過去最低を更新し、7438円となった。暖房用電力の基本料金が入らないのは大きい。
また、直近12ヶ月の使用量は、今月で8804kWhとなり若干の増。ただ電気代としては155707円となり、これは過去最低を更新した。

さて、早速今日からメイン暖房機の地中熱ヒートポンプを稼動させた。
水温は現在は35℃で設定。若干高めだが、エアコンの暖気の届かない2階は15℃近くまで下がっており、まずは家の躯体を暖めないといけないので、これくらいは必要だと思う。
これからどうやって地中熱とエアコンを併用して行くか、実際やるとなると難しそう。
ま、失敗しながらやってみよう。

ちなみに、富良野の21時現在の気温は6.9℃。今日の最高気温は11.0℃、最低気温は3.9℃だった。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009.10.07

エアコン稼働中。

9月末頃から寒くなってきた。
例年、9月の25日頃から暖房を開始している。今年は暖かめだったが、今年はエアコンを付けたので、気兼ねせずにエアコンを点け暖房している。
と言っても、エアコンは1台。暖房坪数39坪で1台、それも8畳用。それが1階に付いているので、2階までは暖まらないが、2階は寝るだけなので、それで十分。
消費電力は、省エネナビを見てる限りでは、0.5kWh/h程度で済んでいるので、本暖房の地中熱HPを点ける程でも無く、効率は良さそう。10月の電気使用量の検針日は明日なので、明日までエアコンのみで凌げれば、月間の基本料金の節約になる。逆に言えばその分エアコンを使っても得だと言う事になるが、そこまではそこまで使用量は増えそうに無い。

現在は、寒くなってからエアコンON。地中熱HP+パネルヒーターの輻射暖房ではないので、地中熱時と同じ21度ちょっとの温度設定では寒く感じるので、22~23℃設定にしている。その後、就寝前に21度設定にし、エアコンONのまま就寝。朝陽が出て暖かくなったらエアコンOFF。と言う流れ。
明日からは、寒くなったら地中熱を低めの設定で稼動させ、ベースの暖房をし、エアコンを同時に稼動させて細かい温度調節をしてみようと思う。昼間は、地中熱を止め、エアコンを低めの温度で点けっ放しにし、室温の下がりを押さえ、寒くなったら地中熱を点けて、エアコンの設定を上げる... 。
まだやってみないとわからないが、本格的に寒くなる11月末から12月始め頃まではエアコン併用で色々やってみようと思う。

あまりケチって家の躯体自体が冷えてしまうと後で躯体を暖めるのは大変なので、家が冷え過ぎないようにやって行かないといけない。
ちなみに、今(21時)の富良野の気温は、+6.3℃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.03

携帯変更。

携帯を変えた。
これまでは10年以上docomoだったが、今回ソフトバンクに変えた。
理由は、会社から支給されていたソフトバンクの携帯が、docomoに変わったので、個人の携帯と2つdocomoになってしい、docomoにしておく意味が薄れた為。また、実家の両親などはソフトバンクだったりするので、連絡を取るのにソフトバンクも持っていた方が良い。
機種は、新機種だがかなりの安価版の832SH。これも、会社から支給の携帯がSHの為同じSHの方が使いやすいだろうと言う事。実は、今は当たり前になっている(らしい)ワンセグもおさいふ携帯機能も無い。ま、今でも月間2500~3000円くらいしか払っていないほどほとんど使わないし、簡単に言えば時々話せて、時々メールが送れて、時々Webが見れれば良い。カメラ機能も要らない位。
実は私は携帯にかなり疎い。パソコンはそこそこなので携帯も強いだろうと携帯の事をよく聞かれたりするが全く分からない。携帯の使い方も、料金体系なども全く素人。
で、今回は少し時間を掛けて調べてみたが、結局完全には分からなかった。ただ、ソフトバンクに乗り換えた方が得っぽいと言う事で乗り換えることにした。
で、相方はメールのアドレスが変わってしまうのが問題で、そのままdocomoに残ったが、これを機会に相方も機種変更。結局、私は2年ぶり、相方は3年ぶりに機種が変わった。
相方は、説明書を読みながら、着メロ(?)なんかをDLして色々弄っていたが、私は説明書も読まず、適当に弄って、よくわかんないので、最初から入っているメロディーの中でちょこっと変更しただけ。気が付いたら会社支給の携帯の着信音と聞き分けが付かない事に気づいた... 。
ん~なんか面倒っちぃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »