« 電気代(09年6月) | トップページ | ちょっと寄り道。 »

2009.06.13

エアコンの室温制御。

エアコンを付けた時期が遅かったので、今シーズンは暖房で使う事は無いかなと思っていたが、ここ数日は気温が低い日があって時々付けている。
特に今日は、朝から12~10℃位で横ばいの気温で雨降り。室温は上がらないので、2時位からエアコンを付けてみた。
で、感心したのは、エアコンの室温制御。
Dsc_4951我が家では、常に置いている温度計(データロガー)で室温と湿度を計っているのだが、その温度計を見ていると、およそ21.6~22.3℃程度の範囲で室温が制御されているのが分かる。ちなみにエアコンの設定は、「暖房」「風量自動」「風向指定(下向)」「設定温度21℃」。
Dsc_4955このエアコンは、リモコンに内蔵されている温度センサーで制御できる(室内機内臓のセンサーでも出来る)ので、リモコンの温度センサーでの制御に設定し、リモコンは室内機真下の床上1.5m付近に、室内機に向かって置いている。ちなみに、エアコンからの風は当らない位置になっている。
で、温度計(データロガー)は、そこから4m程離れた所の、ピアノの上。これもほぼ床上1.5m位。ここも、エアコンからの風は直接当らない位置。
リモコンの温度センサーも、データロガーの温度センサーも誤差は有るはずなので、設定が21℃でデータロガーの室温がそれよりも高いのは気にしていない。が、ビックリするのは、その制御範囲。実質1℃以内で制御されているのは間違い無い。制御範囲は2℃位は有ると思っていたので、これは結構驚き。21℃設定なら、22℃くらいまで上がったり、20℃位まで下がったりするのだと思っていた。安物のエアコンでも結構すごい。ちなみに、その間でも、室内機自体からは常に風は出ている。だが、室外機は時々止まっているようだ。

ただ、その温度内での室温の上がり下がりは結構早い。これは温風での暖房と言うエアコンでの空調の宿命かなと思う。温度が効率良く行き渡らないのだろう。パネルヒーターでの暖房では、こんなに上がったり下がったりしない。温度の上がり下がりの速さは10倍位違うかも知れない。
それと、やはり風を感じる。現在の暖房付加は限り無く小さいのだが、それでもリビングで僅かだが風を感じるのは、これもパネルヒーターでは無かった事。今は不快と言う程では無いが、暖房付加が大きい時に、エアコンが高出力で動いた時などは、ちょっとやっぱり気になるだろうなとは想像できる。

それにしても、これ位の制御をしてくれれば、無駄は少ないだろう。ちょっと安心した。
SANYOのSAP-ZK25X。なかなかやる。

それにしても、6月も半ばになってまだ暖房って... (^^;。
あ、ここの気候的な事と、贅沢になったって事ね(^^;;;。

|

« 電気代(09年6月) | トップページ | ちょっと寄り道。 »

エアコン」カテゴリの記事

コメント

エアコンの温調はかなりの精度ですね。
が・・しかし温風による暖房は空気自体の温度で人間の皮膚を温めるが勝負なので温度変化には敏感でしょう。

岡山でもまだ・・たまに暖房は使います。

実は我が家も・・今朝ほんの少し肌寒かった(室温22℃)ので薪ストーブを焚いてしまいました。
室温25℃まで上げましたが血行が良くなる感じがしてすごく気持ち良かったです。

昨日の昼間の室温が26℃で暑いと感じたのですが輻射熱暖房は25℃でも暑く感じません。

熱の感じ方というのは暖房方式によってかなり違う気がします。

投稿: sniper | 2009.06.16 05:45

sniperさん
エアコンの制御はかなりビックリするぐらいの精度ですね。
しかし、やはりと言うか温風暖房と輻射熱暖房の違いは歴然ですね。

岡山でもこの時期寒い日もあるんですね。でも薪ストーブだと気兼ね無く焚けるので良いですね~。

投稿: なべやん | 2009.06.17 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62993/45331077

この記事へのトラックバック一覧です: エアコンの室温制御。:

« 電気代(09年6月) | トップページ | ちょっと寄り道。 »