« 姉家族来富09' | トップページ | 電気代(09年2月) »

2009.02.07

ダイヤモンドダストが出てた。

Dsc_4320Dsc_4325
今日は休みだったのだが、仕事で麓郷のとある場所を下見する必要があり、出来れば朝の内に見て置きたかったので、休みの日のわりに早起き。普段の出勤日と同じくらいに起きた。
暖房の設定や、室温の下がり方から、外は大して冷えていないと思っていたのだが、ふと外を見ると、かなりはっきりとダイヤモンドダストが出ていて、リビングの窓から慌ててシャッターを切った。
Dsc_4326Dsc_4327
その後、コーヒーを飲んでから出動し、家から1分の橋の近くで車を止め、橋の上から少し撮影。川の淵の木々は真っ白に霧氷が付いており、川面からは湯気が立ち登っていた。逆光の中、キラキラ輝いてるのがすばらしく綺麗だったのだが、私の腕ではなかなか上手く表現できないのが残念。
Dsc_4337麓郷街道に入った所の農家の立木は、木1本丸ごと真っ白になっていて、芸術作品の様。実はこんな感じになっている木はあっちこっちに有って、それはそれは綺麗。
Dsc_4338
麓郷街道を上がり始め、標高が上がると霧氷は無くなる。
霧氷は、夜間快晴等で強い放射冷却により急激に気温が下がった夜に発生し、多くの場合朝方9時台には消えて行く。この辺の霧氷は、基本的に霧が無ければ発生する事は少なく、その霧の発生源は川の湯気なので、平地の川縁の木々が成り易い。ただ、標高が上がると気温も下がる為、逆に小さな川が有ればその淵の木々は霧氷となる事が多い。
山全体の木々が全面霧氷になるには、海からの湿った空気が入り込んでくる必要があるが、内陸の富良野ではなかなか遭遇する事は少ない。
ちなみに今朝の最低気温は、‐18℃位。写真を撮っている8時台でも、‐17℃程度。9時に富良野に戻って来た時には、川の霧氷は無くなっていた。

|

« 姉家族来富09' | トップページ | 電気代(09年2月) »

写真」カテゴリの記事

「日常」カテゴリの記事

コメント

eye
ダイヤモンドダスト、はじめて写真で見ました。ほお、これは素晴らしい自然の贈りものですね。暖冬でも富良野はさすがに寒い。

投稿: まるへん | 2009.02.14 12:10

まるへんさん

勿論現物は見た事ありますよね(^^?。
今年はでもダイヤモンドダストは少ないですね。
気温も異常に高いですし。
今冬の最低気温は、まだ‐21.2℃。
このまま行けば、観測史上最高かも知れません。

投稿: なべやん | 2009.02.15 17:16

>現物は見た事ありますよね(^^?。
ええおそらく。でもスキー場現象ですよ。まれに家の回りで早朝。
といいますか、写真を見て「これがダイヤモンドダストなんだ」と確認したようなわけでして・・・。
今日は寒いですね。

投稿: まるへん | 2009.02.16 15:17

まるへんさん

私なんかは大阪から来たので、「ダイヤモンドダストが見たい!」って思ってましたから、こう言う様な光景を見る度に「これがダイヤモンドダストか~」と注目して見てました。
ですが、地元の人は普通の光景なんで大して気にならないんでしょうかね。
大阪なんかでは絶対に見れない現象ですので、道外の人にはインパクトは大だと思います。

投稿: なべやん | 2009.02.16 17:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62993/43987211

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤモンドダストが出てた。:

« 姉家族来富09' | トップページ | 電気代(09年2月) »