« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009.02.16

ちょっと雪遊び。

Dsc_4377_2土日は、旭川で資格の講習会。帰りは吹雪で前が見えなかった。こんなのは今年初めてかもしれない。
Dsc_4366
帰ってきてから、その吹雪で埋まった家の前を除雪しながら娘と雪遊び。
雪で埋まった所を雪を切りながら除雪すると、雪の壁になったので、その壁に手で小さな穴を掘り、その穴にロウソクを灯してみた。
ちょっと場所が悪いが、雰囲気は良い。
雪まみれになって遊ぶのも良いが、たまにはこう言う遊び方も良いかもしれない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.02.11

今日もスキー。

Cimg6175Cimg6186昨日から、仕事で長沼に泊まっていたのだが、今日の午前中に帰って来れた。
で、先週末にウェアーも買ったし、子供も行きたがるので、今日も午後からスキー。
今日も、私は長靴で、下の息子の相手。息子も、私が止めてやらなくても、なんだかんだ自分で止まれる様になった。もしかしたら、今年中に親子4人で滑れるようになるかも知れないと思った。
Cimg6182_4で、今日は、相方も数年振りにスキーを履いて、上の子と滑った。数年振りでほぼいきなりリフトに乗って上がって行ったが、相方も安定して滑っていた。
リフトで上がって行ってから暫くして、左右に旋回しながらゆっくり滑ってくる相方の後ろを、娘がピッタリ付いて滑ってくるのは微笑ましい光景だった。
それにして、スキー場は空いている。
写真でも、リフトに乗っているのは、相方と娘だけ。
なんとも贅沢だが、「大丈夫か?」と心配にもなる(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.09

電気代(09年2月)

2月の検針がありましたので報告しておきます。合計では1288kWhとなった。
詳しいデータはこちらを。
暖房費(ホットタイム22ロング)は、前年比で166kWh減(21%)。
通常電力(ドリーム8)は、昼間が、26kWh増(8%)、夜間が28kWh増(8%)。
合計で、112kWhの減(8%)となった。

暖房費に関しては、大幅減になっている。これは完全に気温が高かった事による。平均気温は前年比5℃も高いし、期間中最低気温は、昨年は-29℃だったのが、今年は-20℃。これは流石に大きい。
昼間や夜間の使用量は久々に増えた。昨年比では帰省のタイミングや、姉貴家族が来たタイミングが違う為、簡単に比較出来ないが、増えた分の半分弱は、該当期間が1日増えた事で相殺される為、ある程度納得の範囲かも知れない。
それと、夜間分は、エコキュートの断熱の為にしていた、断熱シートを外したのが影響しているかも知れない。期間は、該当期間の約1/3の為、影響はおよそ10kWh。
ま、こんなもんかな?と言う感じ。

これで、直近12ヶ月の総電気使用量は、9057kWhとなり、9000kWh目前となった。また、暖房用電力も、年間2826kWhと、3000kWhを切った。これは意外と自慢出来る数字かも知れない。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2009.02.07

ダイヤモンドダストが出てた。

Dsc_4320Dsc_4325
今日は休みだったのだが、仕事で麓郷のとある場所を下見する必要があり、出来れば朝の内に見て置きたかったので、休みの日のわりに早起き。普段の出勤日と同じくらいに起きた。
暖房の設定や、室温の下がり方から、外は大して冷えていないと思っていたのだが、ふと外を見ると、かなりはっきりとダイヤモンドダストが出ていて、リビングの窓から慌ててシャッターを切った。
Dsc_4326Dsc_4327
その後、コーヒーを飲んでから出動し、家から1分の橋の近くで車を止め、橋の上から少し撮影。川の淵の木々は真っ白に霧氷が付いており、川面からは湯気が立ち登っていた。逆光の中、キラキラ輝いてるのがすばらしく綺麗だったのだが、私の腕ではなかなか上手く表現できないのが残念。
Dsc_4337麓郷街道に入った所の農家の立木は、木1本丸ごと真っ白になっていて、芸術作品の様。実はこんな感じになっている木はあっちこっちに有って、それはそれは綺麗。
Dsc_4338
麓郷街道を上がり始め、標高が上がると霧氷は無くなる。
霧氷は、夜間快晴等で強い放射冷却により急激に気温が下がった夜に発生し、多くの場合朝方9時台には消えて行く。この辺の霧氷は、基本的に霧が無ければ発生する事は少なく、その霧の発生源は川の湯気なので、平地の川縁の木々が成り易い。ただ、標高が上がると気温も下がる為、逆に小さな川が有ればその淵の木々は霧氷となる事が多い。
山全体の木々が全面霧氷になるには、海からの湿った空気が入り込んでくる必要があるが、内陸の富良野ではなかなか遭遇する事は少ない。
ちなみに今朝の最低気温は、‐18℃位。写真を撮っている8時台でも、‐17℃程度。9時に富良野に戻って来た時には、川の霧氷は無くなっていた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.02.02

姉家族来富09'

ここでは、2006年以来紹介はしていないのだが、2006年以後も毎年姉夫婦は来富していて、私達の帰省と共に、毎年の恒例行事となっている。
今年も、今週末に子供2人と共に遊びに来た。
Dsc_4215土曜日の関空~旭川便で飛んで来ると、下の息子が好きだと言う事で、そのままアンパンマンショップへ直行。下の子は予定通り大興奮(^^;。アンパンマンを見つける度に指を指して「パンマン!」を連発。ここはアンパンマン好きにはたまらない場所だ。
Cimg6141次の日は、最大の目的のスキー!
今回は、私のスキーのビンディングを調節して、ブーツを持ってきていた姉に貸し、私は長靴で、息子に初めてちゃんとしたスキーを借りて履かせ、息子の初スキーに付き合った。姉夫婦と姉夫婦の息子、それと私の娘の4人は、リフトに乗って上へ上がった。娘は初リフトだったが、リフト自体には全く怖がらなかったようだが、いかんせん寒くて、リフトは1回きり。その後は、最近よく行く子供用ゲレンデでスキー。息子は、初スキーのわりになかなか上達が早い。最後には大きく弧を描いて曲がれるようになった(と言うか勝手に曲がった?)。
Cimg6142姉の下の息子と私の妻は、寒い中スキーに付き合わされ災難。
甥っ子は、寒くて泣きながらも、なんとか耐えてくれたと言う感じ。この日は風も強く、昼間でも‐10℃程度しか無かったようなので、流石にきつかったろう。
妻は甥っ子を抱っこしてあちこち歩き回ったり、必要な物を家に取りに帰ってくれたりと、辛い地味な役目をこなしてくれた。この役目が無ければ、私達はスキーは出来なかった。本当に感謝している。

Dsc_4253Dsc_4257Dsc_4260_01最終日の今日は、私も仕事を休んで、家の周りで一緒に遊んだ。子供達は、家の前に出来ていた雪山に登ったり、ある意味この日の為に子供達と作っていた庭の滑り台なんかで遊んでいた。
で、昼飯を食べてから、昼過ぎに帰って行った。

なんとか、無事にイベントは終了した。
今回は、下の息子が意外と一番下の甥っ子(1歳半)の面倒を見たり気に掛けて居たのが意外で印象に残った。泣いていたら「居ない居ないバ~」をして慰めたり、普段は自分の上着を脱ぐのも「脱がせて~!」とか言っているのに、甥っ子が上着を脱ぎたがっているのに気付いて脱がせてあげたり。
Dsc_4286_01

でもやはり、一番がんばったのは、上の娘だと思う。常に年下の従弟達に気を配り率先して面倒を見ていた。
子供達4人と私とで風呂に入った時は、泣いている下の甥っ子の手を取り慰め、私が頭を洗ってやって居る時も、私の手が足りないのを見ると「お湯掛けてあげようか?」と、湯を掛けるのを手伝ってくれたりと、常に気を配り、自分が何をやったら良いか考えているようだった。
元々「ちっちゃい子好き」ではあるが、そろそろ実際に役に立つ様になって来たなぁ~と心強く感じた。

毎年、子供達の成長を実感させてくれる、姉家族の来富。
何時まで続くか分からないが、出来るだけ長く続いてくれれば良いなぁ~と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »