« 過去12ヶ月の電気代。 | トップページ | 高燃費。 »

2008.05.28

放射冷暖房システム。

以前から、「地中熱ヒートポンプを使って冷房が出来ないか?」と考えていた。
我が家の地中熱HP機器の場合、圧縮機を逆回転させて冷水を作る訳ではなく、地中に行っている一次循環水を圧縮機をショートカットさせて室内のパネルまで持って来ることで冷房する機能がある。それでも、15~20℃程度の夏で言えば「冷水」になり、ある程度は冷房の役目をするはずだ。
しかし、問題があった。それは、冷水をパネルに流すことで、パネルが結露する事だ。夏の暑い時にコップに冷えた飲み物を入れると表面に水滴が付くが、それと同じ事がパネルにも起こる。そうすると、その水滴が部屋に落ちて、最悪の場合部屋が水浸しになるのだ。
サンポットさんや軽米組さんには、「それでもやってみようよ」と言っていたが、流石にそれは難しく、実現しなかった。
それでも探していたのだが、NET上の住宅に関する質問を受け付けているサイトで、見つけたのが、ピーエス株式会社放射冷暖房システムだった。
要は、パネルヒーターなのだが、夏はパネル自体に積極的に結露させ、それを集めるドレンと排水管が付いていて、結露の問題を克服している。これは良いと思って、早速HPから問い合わせたところ、今日営業マンの方が出向いて来てくれた。
結果的に、我が家の場合は後付けになる為コストや配置的に難しいのだが、考え方や物自体は非常に良さそうに感じた。また、意外と地中熱HP機器との相性が良さそうなのも好印象だった。実は、暖房用の温水を作る機器はあっても、冷房用の冷水を同じ機器で作れる物は家庭用ではほとんど無いようで、今後の地中熱HPの付加価値を高める上でも、このパネルは不可欠だと感じた。
ただ、地中熱HPが普及し始めているのは寒冷地で、その寒冷地の場合、冷房負荷が小さい為、冷房需要が少なく、冷房に掛けるコストの費用対効果がどうしても悪くなってしまう。しかし、通常の暖房専用のパネルより高くなりそうなこのピーエスさんのパネルのコスト分を、どう価値観や効果で補うかが問題になりそう。ただ部屋を冷やすだけではなく、エアコンの様に風や音が起こらない事や除湿の価値をどう捉えるか... 。
とにかく、私としては非常に好感触で、是非やってみたいが、やはり今となってはコストが引っかかってしまった。これが家を建てる時に知っていれば、ほぼ100%導入していたと思う。非常に残念。
ピーエスさん、商売にならない話で遠くまでそして遅い時間まで有難う御座いました。これに懲りずに、また情報交換が出来れば嬉しいです。

|

« 過去12ヶ月の電気代。 | トップページ | 高燃費。 »

地中熱HP」カテゴリの記事

「日常」カテゴリの記事

コメント

本日は有難うございました。
さっそくブログ拝見させて頂いたら、もう更新されており驚きました。
こちらこそ遅い時間までお邪魔してすいません。
非常に興味深いをお話を聞かせて頂き、あっ!という間でした。
また、是非お話を聞かせて下さい。

投稿: PS;YY | 2008.05.29 00:56

PS;YYさん、こんばんわ!
昨日は遅くまで有難う御座いました。
記事にも書きましたが、非常に興味を持って注目していますので、がんばって下さい。
帰り際に教えて頂いたグッズ類は気になりますね(^^;。私の場合は完全に趣味の世界ですが(^^;;;。

投稿: なべやん | 2008.05.29 21:45

こんばんは。ブログを拝見したらPS社さんのことが話題になってるではないですか!!

パネルを冷房にも使えたら最高ですよね・・・。エアコンを設置しなくてもいいですし。

PS社の方が書き込まれてるので少し気がひけるのですが、ネットでPS社さんの放射冷却システムだけだと夏は暑いという記載を読んだことがあります。夏もパネルだけで十分涼しいのであれば非常に魅力的だと思うのですが。

家を建てる際にはPS社さんにお話を伺うと思います。

投稿: 凌霄花 | 2008.06.03 21:19

凌霄花さんこんばんわ!
先日の凌霄花さんの質問で知ってから気になって話を聞いてみました。>PSさん
>PS社さんの放射冷却システムだけだと夏は暑い
の件ですが、通常の関西のスカスカの家だと、これだけでは暑いでしょうね。勿論、大量に設置すれば別ですが、それでは費用対効果は???です。
しかし、凌霄花さんが検討されているような、高気密高断熱住宅で、しかもしっかりと冷暖房設計をして熱量計算した上で設置すれば、理論上は十分機能するはずです。しかも、このシステムの性質上、関西の高い湿気対策には打って付けかも知れません。
しかし、流石に冷水を作れる熱源が必要だと思います。こちらのようにフリークーリングでの冷水(15~18℃程度)では厳しいと思います。そちらの気候を考えると、暖房用の40℃程度の温水と冷房用にせめて一桁の冷水を作れる熱源が必要だと思います(根拠はありません)。
このシステムの場合、金銭的な費用対効果だけでなく、冷房の「質」を踏まえた費用対効果をどう捕らえるかが検討の鍵となるでしょう。

投稿: なべやん | 2008.06.03 22:47

こんばんは。

>このシステムの性質上、関西の高い湿気対策には打って付けかも

これは何故でしょうか?

>冷水を作れる熱源が必要

5℃くらいの冷水を作ることのできる冷温水ヒートポンプもあるようです。
http://www.more-soft.com/heat_pomp.htm

高気密・高断熱で計画換気によって湿度を適切に保ち、日射を遮るように設計した家ならば、パネル冷房でも十分涼しくなるかもしれませんね。

関西で木造の高気密の家を建ててくれる工務店は少ないようで、良い工務店選びが難しそうです。

投稿: 凌霄花 | 2008.06.05 21:56

このパネルの場合、表面に結露しますので、その結露した水分だけ部屋の除湿になります。
この効果の価値としては、北海道の場合、元々湿度が低めなので、多湿な関西と比べると、除湿の必要性自体やその除湿量が低いのです。
冷水を作れる熱源としては、我が家で採用している「地中熱ヒートポンプ」でも存在します。
http://www.sunpot.co.jp/products/pdf/heatpump_4_5.pdf
上記の「GSHP-1001」。
きちんとした家で、暖冷房をきちんと設計すれば、「冷えない」「温まらない」と言う事は無いはずです。コストや費用対効果はは別ですが。

投稿: なべやん | 2008.06.06 23:34

>表面に結露しますので、その結露した水分だけ部屋の除湿

なるほど。良く分かりました。

地中熱ヒートポンプ良さそうですね。冬季は5℃を下回ることもありますから、空気利用のヒートポンプより良さそうですね。恥ずかしながらヒートポンプの種類について良く理解していませんでした。有難うございます。

投稿: 凌霄花 | 2008.06.08 00:41

凌霄花さん
>冬季は5℃を下回ることもありますから、空気利用のヒートポンプより良さそうですね。
5℃程度であれば、恐らく空気熱源の通常のHPの方が良いかも知れませんよ。通常のエアコンは販売台数も多いし競争も激しいので、相当開発が進んでいますので、ヒートポンプ自体の性能はかなり高いはずです。逆にそちらで言えば夏の冷房の時に、外気温35℃なんかの時には、地中熱の方が効率は良いかも知れません。

投稿: なべやん | 2008.06.10 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62993/41355629

この記事へのトラックバック一覧です: 放射冷暖房システム。:

« 過去12ヶ月の電気代。 | トップページ | 高燃費。 »