« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008.05.28

放射冷暖房システム。

以前から、「地中熱ヒートポンプを使って冷房が出来ないか?」と考えていた。
我が家の地中熱HP機器の場合、圧縮機を逆回転させて冷水を作る訳ではなく、地中に行っている一次循環水を圧縮機をショートカットさせて室内のパネルまで持って来ることで冷房する機能がある。それでも、15~20℃程度の夏で言えば「冷水」になり、ある程度は冷房の役目をするはずだ。
しかし、問題があった。それは、冷水をパネルに流すことで、パネルが結露する事だ。夏の暑い時にコップに冷えた飲み物を入れると表面に水滴が付くが、それと同じ事がパネルにも起こる。そうすると、その水滴が部屋に落ちて、最悪の場合部屋が水浸しになるのだ。
サンポットさんや軽米組さんには、「それでもやってみようよ」と言っていたが、流石にそれは難しく、実現しなかった。
それでも探していたのだが、NET上の住宅に関する質問を受け付けているサイトで、見つけたのが、ピーエス株式会社放射冷暖房システムだった。
要は、パネルヒーターなのだが、夏はパネル自体に積極的に結露させ、それを集めるドレンと排水管が付いていて、結露の問題を克服している。これは良いと思って、早速HPから問い合わせたところ、今日営業マンの方が出向いて来てくれた。
結果的に、我が家の場合は後付けになる為コストや配置的に難しいのだが、考え方や物自体は非常に良さそうに感じた。また、意外と地中熱HP機器との相性が良さそうなのも好印象だった。実は、暖房用の温水を作る機器はあっても、冷房用の冷水を同じ機器で作れる物は家庭用ではほとんど無いようで、今後の地中熱HPの付加価値を高める上でも、このパネルは不可欠だと感じた。
ただ、地中熱HPが普及し始めているのは寒冷地で、その寒冷地の場合、冷房負荷が小さい為、冷房需要が少なく、冷房に掛けるコストの費用対効果がどうしても悪くなってしまう。しかし、通常の暖房専用のパネルより高くなりそうなこのピーエスさんのパネルのコスト分を、どう価値観や効果で補うかが問題になりそう。ただ部屋を冷やすだけではなく、エアコンの様に風や音が起こらない事や除湿の価値をどう捉えるか... 。
とにかく、私としては非常に好感触で、是非やってみたいが、やはり今となってはコストが引っかかってしまった。これが家を建てる時に知っていれば、ほぼ100%導入していたと思う。非常に残念。
ピーエスさん、商売にならない話で遠くまでそして遅い時間まで有難う御座いました。これに懲りずに、また情報交換が出来れば嬉しいです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008.05.12

過去12ヶ月の電気代。

今日5月請求分のおしらせが届いたので、過去12か月分の電気代をまとめて置く。
    暖房  その他 合計
電力 3114  6646  9760 (kWh)
金額 37481 122876 160357 (円)
月別詳細はこちらをダウンロード

ちなみに「暖房」は地中熱ヒートポンプ暖房のみで、「ホットタイム22ロング」。「その他」は「ドリーム8」。
これでも暖房費は3月初め位までは寒かったので、昨年より1割以上多い。その代わり、昼間の使用量が大きく下がっている。まだ12ヶ月単位の年間で16万円を切った事は無いのだが、このペースで行くと来月辺りもしかしたら15万円台になるかも知れない。
しかし、年間使用量は9760kWhと言う事で過去最低を記録している。要は電気の使用量をどれだけ減らせるかなので、全体としては良い傾向にあると言えるだろう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.05.11

今年の家庭菜園と花壇。

Cimg5535Cimg5536と言うことで、今年の家庭菜園開始。
まだちょっと時期が早いのが気になるが、あかんかったらまたやり直せば良いと言うことで(^^)。
とりあえず、1枚目左から、ピーマン、なすび、キュウリ2つ、2枚目左からミニトマト、トマト2つ。それ以外に、種を撒いた物が、インゲン、モロッコ。それと少しだけヒマワリ。それと現在ポットで育苗中のトウモロコシ。それから昨年からのアスパラと言う事になった。
例年やっているキャベツは、苗が80円もする為、費用対効果が悪いと言う事で今年は無し。キュウリは昨年失敗しているので2株植えてみたが、移植する前にその内の1つを娘が踏んづけてしまい今年も前途多難。
まだ気温が低い為、地温上昇と霜対策でマルチを敷いて置いた。
さてさて、上手く育ってくれるかどうか。
Cimg5537Cimg5541道側の花壇には、相方が花を植えた。
それと苦戦しているのり面右側は、結局芝桜を植える事にした。芝桜は強い花で、どんどん増殖して横に広がり、幹から根を下ろして定着していく。そうすれば株分けも簡単らしい。放って置いても主に下方向に増えて行くので、何年か後にはのり面を覆ってくれるだろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »