« 木の城たいせつ破綻。 | トップページ | テレシネ、納品される。 »

2008.03.08

テレシネ、映写機壊れる。

昔の8mmテープと映写機を実家から送って貰った。
実家で試しに映写して見ると、約20年ぶりだけどちゃんと映り、昔の8mmの良さを再認識したそうだ。
と言う事で、送ってきた映写機で、早速映してみたところ、やはりちゃんと映った。小学校高学年位の時のスキーの時と、2・3歳の頃の動物園に行った時の映像を見た。映写機は、触った事はなかったが、説明書もあったので、難なく使えた。
で、日を改めて、早速DVDへの変換を試みた。
やり方としては、壁に白いコピー用紙を貼り、それに向かって8mmを映写、その映った映像を、家庭用のデジタルビデオカメラで撮影し、それを保存すると言う感じ。壁に映し、デジタルビデオカメラで撮るのだが、ピントが合い辛く、カメラの調整を何度もしているうちに、まずは映写機のベルトが外れ、止まってしまった。原因はゴムのベルトの劣化で、切れては居ないが伸びてしまって、外れやすくなっていた。代わりの部品も無いし、テンションの調整もできないので、もう一度付け直してやってみたが、しばらくするとまた外れる。それを何度か繰り返しているうちに、今度は映写機のランプが切れてしまった。ランプは50時間程度しか持たないらしく、気にはなっていたのだが、やっぱり切れてしまった。
さて、これで自分でDVD変換することは難しくなった。修理するにしても、時間と金が掛かる。
で、考えた挙句、業者にお願いする事にした。
お願いしたのは、本城工芸さん。本業は木彫り屋さんだが、趣味が高じて今はテレシネを実質本業にされている所。旭川にあるので、早速メールをして見積もりを取ったが、HPでの印象通り、早速丁寧な返答が帰ってきた。
で、今日、本城さんにテープを持ち込んだ。会ってみても、印象通りの方で、お客様本位と言う感じがにじみ出ているおじさんだった。いわゆる「業者」よりも、こう言った方の方が丁寧に仕事をされると思うので、頼んで良かったと思う。
他の方の仕事も入っているので、完成までには10日ほど掛かるらしい。楽しみに待ってみたい。

|

« 木の城たいせつ破綻。 | トップページ | テレシネ、納品される。 »

「日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62993/40430264

この記事へのトラックバック一覧です: テレシネ、映写機壊れる。:

« 木の城たいせつ破綻。 | トップページ | テレシネ、納品される。 »