« ヒートポンプのセミナー出席。 | トップページ | 融雪材の効果。 »

2007.03.17

融雪材散布。

Cimg3605久々に、芝関連の話題。
冬の間雪に埋もれている芝だが、そろそろ春に向けての作業が始まる。まず最初は融雪材の散布。
融雪材とは、雪を早く溶かす為に雪の上に撒く物。白い雪では太陽の光を反射してしまいなかなか熱を吸収しないので溶けづらいのだが、その上に黒っぽい物を撒いてやる事で熱を吸収し解けやすくなる。基本的には黒っぽい物であればなんでも良く、極端に言えば泥の混ざった泥水でも良い。よく撒かれるのは、木炭の粉末のような物だったりするが、今回は芝の目土用の砂を撒く事にした。
ちなみに、雪はおよそ腰近くまで積もっている。今年は暖冬で雪も少なかったのだが、先日の雪でかなり積もった状態。おそらく今シーズンで一番積もっている。その為、早く溶かさないと、さすがに芝に影響が出る可能性が高くなってきた。西洋芝は元々寒さには強いのだが、およそ130日以上雪の下になっているといろいろな病気になりやすくなるらしい。その130日と言うのが、今月末頃になる。このままで行けば今月末にはまだ雪が残っている可能性が十分ありそうなので、今回の融雪材散布となった。
ま、明日にでも雪が降ってしまえばまた真っ白になるのだが... 。自然相手は難しい。

|

« ヒートポンプのセミナー出席。 | トップページ | 融雪材の効果。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62993/14296130

この記事へのトラックバック一覧です: 融雪材散布。:

« ヒートポンプのセミナー出席。 | トップページ | 融雪材の効果。 »