« 新規参入の難しさ。 | トップページ | 電力メーター。 »

2006.10.01

庭メンテ記録。

Cimg3108今朝は、休みの日には珍しく8時に目が覚めたので、新聞を取りに行くついでに庭に下りてみた。「庭の状態は朝見るのが良い」と聞いていただが、普段は朝寝坊な私なので見れない(^^;。昨晩はキリが出ていた事もあって、朝露がびっしりと付いてた。
Cimg3100Cimg3106Cimg3111Cimg3112
朝見ると色んな虫が居る。この他にもコウロギやバッタなんかも居る。ミミズ以外は基本的に何かの幼虫(なんかわからん)なので、この先何かの虫になるのだろう。何か手を打たないといけない。
Cimg3109Cimg3114で、こちらはいわゆる「病気」系。左が(恐らく)ピシウム菌。で、右がダラースポット。ピシウム菌は、芝を溶かす菌。ダラースポットは枯らす。このまま放置すれば広がっていく可能性が高い。広がってしまうと取り返しの付かないことにもなりかねない。原因は恐らく水分過多。特に水を多くやった訳ではないのだが、季節的にそう言う時期なのか。しかし、病気系は見極めが難しい。
Cimg3126Cimg3119で、メンテナンス。メンテはいつも通り芝刈り機で16mm程度で芝刈り。その後、前回と同じ化学肥料バケツに1/5と殺虫剤(オルトラン粒状)約300gを手でばら撒き。殺菌剤(オーソサイド水和剤)3gの1000倍希釈液を噴霧器で全面散布。殺虫剤と殺菌剤は規定より少なめ。
それとは別に、のり面等の雑草(スギナ)対策で、選択的除草剤(MCPP)を8mg噴霧器で散布。

今日見られた病気等は、適切に芝刈りをしていればある程度は押さえ込めるはずなので、今回の薬剤散布は、今日の症状への対策と言うよりは、今後への予防的な対策に近いと考えている。メンテとしては、適切な施肥と適切な芝刈りをする事、それと害虫の早期発見と早期対策がカギとなると考えている。

それにしても最近、「てんとう虫」が大発生して困っている。なんとかならんものか... 。

|

« 新規参入の難しさ。 | トップページ | 電力メーター。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62993/12114484

この記事へのトラックバック一覧です: 庭メンテ記録。:

« 新規参入の難しさ。 | トップページ | 電力メーター。 »