« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.28

新規参入の難しさ。

農業の後継者不足が深刻な問題となっている。それと関係して、休耕地の問題も浮き彫りになってきた。
その対策の一つとして農業への「新規参入者」の受け入れが急務になっている。新規参入「希望者」は意外と多い。しかし、なかなか実際は参入しない、参入できない、また参入出来てもなかなか定着しない(出来ない)と言う。
今日仕事場に来た近所の農家さんにその事を聞いてみた。
問題点として挙げられたのは... 
○農業に対する考え方が現実的ではなく、理想を追ってしまう。
○近所の農家等との付き合い方が難しい(ヘタ)。
○農業を甘く見ている。
など、簡単に言えばそんな所。
外からやってくる新規就農者の多くは、理想を持ってやってくる人が多い。「無農薬」「有機栽培」。確かに悪い事ではないが、素人が簡単に出来る物ではない。そこに気付いた時にどう方向修正できるか。または、その理想を貫く為に、極貧生活や過酷な労働に絶えられるだけの覚悟と根性があるか。また、外からのアドバイスにどれだけ耳を傾ける事が出来るか。また、外からのアドバイスが受けられる環境を作れるか。そこがカギになるようだ。
その農家さんは、「農業は世襲制が一番良い」とも言っていた。農業を手伝わなくても、嫌でも親が何をやっているのかわかる。作物の状況も見る事が出来る。その事が経験となって、問題発生時の対処法の習得に結び付く。ただ土地があってトラクターに乗れても、農業は成り立たない。
一番良いのは、後継者の居ない農家が新規参入者を受け入れ、5年程度掛けて引き継ぐのが良いと思う。その後土地なども含めてその参入者に売って引き継いでも良いし、賃貸でも良い。「それなら出来るんじゃないか」とその農家さんは言っていた。
で、付いてきた言葉が、「おまえ俺の後やらんか?」。
彼の息子も後を継ぎそうにないらしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.27

地中熱ヒートポンプの効率的な運転。

シーズンを前に、効率的な運転方法に付いて、昨年度の測定データで分かって来た事をおさらいして置く。
基本的には他の暖房システムと変らない所が多い。我が家の場合は、室温が比較的高かったようで、室温を下げる事でもう少し効率は上がるはず。
で、今回の測定データで分かった事の大きな所は... 
○ 2次循環水の「水量」は出来るだけ全開にした方が良い。
○ 室温調節は、2次循環水の「水温」で調整した方が良い。
と言う事だ。
Cimg30792次循環水とは、室内のパネルヒーターに通っている「循環水」の事。対照として1次循環水とは、採熱井戸に行っている「循環水」の事。で、この「2次循環水の水量を全開にする」と言う事は、室内のパネルヒーターの「絞り」を全開にすると言う事。室温調節をする時は、パネルヒーターの絞りで調整せず、絞りは出来るだけ全開にして置く。
Cimg3077で、室温調節は、「2次循環水の水温で調節する」と言う事は、室内のリモコンの温度設定を上げたり下げたりする事。その事で、パネルヒーターに流れる2次循環水の温度が上がったり下がったりし、結果的に室温の調節が出来る。
この2つ(連動しているが)が大きなポイントになる。
簡単に言えば、出来るだけ水温の設定(リモコンの温度表示)が低い方が効率が良いと言う事になる。
昨シーズン(1月~5月)の平均COPは3.2だったが、一番寒い時期を、2次循環水の「水量」調整で乗り切ってしまった為、これを改善することと、室温(平均で23℃近かった)を若干下げる事で、なんとかCOP4に近づける事が出来るのではないかと思っている。

しかし、基本的にこう言った制御は本体側で行うべきで、人間の手が関わらなければならない今のシステムでは普及は難しい。最終的には、一般的なエアコンのように、「室温設定」で自動制御が出来るシステムの開発が望まれるのは間違い無い。この件はデータを取りに着ているサンポットの方にも要望済み。検討はしているようだが、機構が少し複雑になり、ただでさえ高い値段が更に少し上がってしまう事を気にしていたようだ。しかし、共働きで、子供も学校で昼間は誰も家に居ないような家庭では、水温調節が出来ずに室温が必要以上に高くなったり低くなったりする事が考えられる。この無駄はかなり大きいはずで、この無駄を数字に置き換えられれば、メリットが有るか無いか判断できる。まずはそのテストをやるべきだ。勿論、我が家でもOK。サンポットさん、検討してみては?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006.09.26

電力メーター。

今週もメーターを確認した。

        メーター読み  週間   前週比
地中熱200V 4224.0kWh   2.1kWh +2.1kWh
①昼      3593.4kWh  47.5kWh -5.5kWh
②夜      3593.3kWh  42.3kWh -2.5kWh
(期間中平均気温+13.6℃。前週比-2.2℃)
電力推移グラフをダウンロード
さて、いよいよ昨日から暖房がスタートした。5月31日に止めて以来、約4ヶ月振りの再開。それにより、地中熱200Vの使用量もやっと変化した。が、暖房を点けたと言ってもそれほどまだ寒くないので、今朝起きて暖房を消してから今日はまだ点けていない。
それにしても、暖房機器が動いてないのは4ヶ月だけと言う事。改めて、なんて寒い所なんだと思う。ちなみに今朝の最低気温は3.9℃。
昼夜の電気使用量は、ここ何週かの増加傾向が一変してガクッと減った。特に昼の使用量は過去最低レベル。これは大きい。今後暖房を点け始めると昼の電気の使用量も増える傾向のはず。10月や11月からは前年比との戦いになる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.25

暖房開始。

Cimg3053今日から暖房開始。写真は右が地中熱ヒートポンプ暖房機のリモコン。ここで2次循環水の設定をする。+を押せば上がり、-を押せば下げる事が出来る。で、両方押せば今の水温が表示される。あくまで2次循環水の水温の設定であり、室温の設定ではない。室温の設定が出来るようにする事が今後の課題。
ちなみに左のリモコンは、ヒートポンプ給湯器のリモコン。
Cimg3056Cimg3060今日、地中熱ヒートポンプ暖房機のメーカーであるサンポットの人が来て、今年も行うデータ取り用の機器を付けてから試運転も兼ねて運転開始。右の写真は、設置されたデータの記憶装置の表示パネル。CH1と2が1次循環水、CH5と6が2次循環水のグラフ。それぞれどちらが「行き」でどちらが「帰り」かは聞いていないので分からないが、恐らくヒートポンプ機器を起点にして、
CH1(赤) 1次の帰り(地中から)
CH2(黄) 1次の行き(地中へ)
CH5(青) 2次の帰り(室内から)
CH6(白) 2次の行き(室内へ)
だと思う。
写真の時点では、2次循環水の水温設定を下げた(30℃→25℃)後なので、2次循環水の水温が22℃程度まで下がるまでヒートポンプはほとんど動いていない。

電気の使用量としては、室内の付けている「省エネナビ」を見ていると、昨日までと比べるとかなり増えている。これは暖房を付けた事で、循環水のポンプの運転などで電気を消費している為だと思う。
今後本格的に寒くなるまでは、電気代の高い昼間は出来るだけ暖房を止めるようにしないといけない。

ちなみ23時現在の富良野の気温は7.5℃。寒くなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.24

芝メンテ記録。

Cimg3035芝の前にひまわり。ひまわりは、18・19日の雨と風で無残な状態になってしまった。高さが250cm近くなり花が付いて頭が重い状態での風雨は厳しかったようだ。で、今日はその後片付け。で、序でに、トマトもキャベツも片付けてしまう。刈込ハサミで全てちょん切って、更に適当な大きさに切った後、土と混ざるように鋤き込んだ。土と混ざる事で腐食し土に帰る。こうする事で、土から奪った養分をまた土に返す事が出来る。これまで与えた化学肥料も、こうする事で有機肥料となる... はず。腐食する過程で熱が発生する。もしかすると、秋や来春の寒い朝などに、湯気が上がるのが見れるかもしれない。今の季節、収穫後の畑から湯気が出ているのはこの為。
Cimg3045芝の伸びは比較的少ない。今日は芝刈り機で20cm、途中から15cmで刈込み。ひまわりを片付けた序でにその周りの芝を他の場所に移植し、その時に目土を使ったので、その余りで凸凹がある所を少し埋めた。でも大方は傾斜を付けた均平状態なので、凸凹は案外少ない。その後木搾液散布。朝晩は露が付く位で水分は十分にありそうなので、散水は無し。今日も10時頃に芝に入ったが、露の影響でまだ濡れている状態だった。
Cimg3047芝のメンテの後、周辺の空き地の草刈。内の周りは四方八方がまだ空き地なので、雑草が生え放題。ま、見た目もあるが、早めに草刈をしないと雑草の種が芝に飛んでくる。やり始めたら止まらないが、刈払い機の燃料がなくなった所で止めた。
写真の下の方に、鋤き込んだひまわりの状態が映っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.19

電力メーター。

今週もメーターを確認した。

        メーター読み  週間   前週比
地中熱200V 4221.9kWh   0.0kWh  -
①昼      3545.9kWh  53.0kWh +0.7kWh
②夜      3551.0kWh  44.8kWh +1.5kWh
(期間中平均気温+15.8℃。前週比-2.4℃)
電力推移グラフをダウンロード
使用量は微増を繰り返している。夜間の使用量は、8月15日検針分以来6週連続で増加。しかし、同じく6週連続で気温は下がって来ている。平均気温で約10℃下がり、6月中旬以来の涼しさだ。その頃の使用量と比べると、1割程度は少なくなっている。
今日、地中熱ヒートポンプのメーカーのサンポットの方と話した。今年も計測器を付けたいとの事で、来週には取り付けに行く予定との事。運転はそれまで待って貰えないかと。計測器を点けてから運転を始める事で、その最初の水温のデータが取れるはず。また、1月からは、3本ある地中熱を採取する熱交換井戸の内1本を止めて試したいとの事。2本の熱交換井戸でも十分なのでは?と考えているらしい。もし、2本でも十分だとしたら、工事費の比率が大きい井戸の掘削が少なくなり、イニシャルコストの削減に繋がる。既に井戸を掘ってしまっている我が家には関係無いが、良いデータが取れれば今後の普及に繋がって良いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.17

芝メンテ記録。

芝刈り機で18mm、途中から15mmで刈ってみたら土を咬んじゃったので16mm。芝刈り機を強く押すと、タイヤが土に少しめり込んで土を咬んでしまう。化学肥料バケツ1/10。肥料は、これまでと変えてみた。これまでは4-4-2だったが、8-8-6にしたので、見かけの量は減らした。その後1時間散水。
芝の状態としては悪くないのだが、伸び方が少ないような気がする。西洋芝は、真夏は生長が少なく、涼しくなるとまた成長し始めるはず。しかし、涼しくなっても成長は少なく、実際は真夏よりも成長は少ない。肥料が足りないのかも知れない。肥料は、成長時は多く、成長が止まる時期は少なく(あるいはやらない)。考え方は人間の飯と一緒。
少し気になったのは、日陰になる時間が多い所の方が成長していた事。ひまわりの陰とか、ブランコの影とか。やはりもっと涼しい方が良いのか、それとも水が少ないのか... 。
ま、状態自体は悪くなく、枯れている所も無いので、出来るだけ短めにカットして横への成長を促す方針は変えない。
あ、横に伸びているから上に伸びないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.16

忙しい日。

Cimg2503今日は、忙しい日だった。と言っても会社は出勤日だったのだが、忙しかったのは仕事ではない(^^;。
まずは、仕事を抜けさせてもらって車で10分の美馬牛駅へ。今日はJRが企画したヘルシーウォーキングと言うイベントがある為、札幌から直通の臨時列車が運行される。それも特急型車両の6両編成。ありえない編成だ。また、その臨時列車は美馬牛駅でSLノロッコ号と行き違いをするらしいと言う事だった。
Cimg2514Cimg2516Cimg2517美瑛方面からSLノロッコ号到着後直ぐに臨時列車が回送列車になって美瑛に向けて発車。
カメラ小僧は(不本意だが私も含めて)15名程。そのカメラ小僧を見ながらヘルシーウォーキングのJRスタッフが「どこから情報漏れてるのかなぁ」と首をひねってたのが笑えた。鉄道ファンをなめたらいかん(^^;。
で、ノロッコ号を見送った後、上富良野へ急いで逆戻り。
Cimg2531で、ツールド北海道観戦。(写真はトップ集団ではなく確か第3集団)
ツールド北海道は自転車のロードレース。一応国際大会らしいが詳しくは分からない。上富良野を通るのは6年振りらしい。それにしても今日のコースは凄いと言うか酷い。旭川の近くの東神楽をスタートして美瑛から十勝岳の一番高い所まで登って上富良野へ降りてくるルート。車でもかなり厳しい道なのに、チャリンコで登ると言うか登らせるとは... 。しかも、それで終わりではなく、三笠まで。ノンストップで170kmも走る。
チャリンコレースは始めてみたが、そのスピードも凄かったが、チームの随行車(ほとんどがスポンサーになっているレガシー)の数とそのスピードにもビックリした。遅れた車は、前の集団に追い付く為めちゃくちゃ飛ばしていく。ほとんど全開!私は直線の所で見ていたので100kmは軽く超え、150km位出てた車もあったかも知れない。街中のカーブではタイヤを鳴らして曲がって行くらしい。ま、先頭と最後尾をパトカーが先導してるので、交通ルールは解除されているのだろう。
それにしてもなかなか忙しく充実した1日だった(仕事しろ~!)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.12

電力メーター。

今週もメーターを確認した。

        メーター読み  週間   前週比
地中熱200V 4221.9kWh   0.0kWh  -
①昼      3492.9kWh  52.3kWh +1.3kWh
②夜      3506.2kWh  42.3kWh +0.9kWh
(期間中平均気温+18.2℃。前週比-0.6℃)
電力推移グラフをダウンロード
気温は徐々に下がり、電気の使用量は若干ずつ増えている。最低気温はかろうじてまだ10℃を割っていないが、割るのは時間の問題。近隣の麓郷や美瑛では既に10℃を割った日がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.10

9月の検針。

9月のほくでんの検針があった。
期間は8月8日から9月7日までで、先月と同じく丁度1ヶ月31日間。
料金に換算すると7885円。先月よりは少し増えたが、3ヶ月連続で8000円を割った。流石に来月は、暖房も少しは使うだろうし上がると思う。
それと、暖房に使っている「融雪用電力」契約の案内が来た。融雪用電力契約は、最低使用月6ヶ月は正規の基本料金で、それ以外の月は基本料金が半額になる。で、その最低使用月と言うのは、使い初めから6ヶ月だと思っていた。つまり、9月から暖房を使い始めると、9月から1月まで、請求月では10月から2月までがその最低使用月の6ヶ月に当てはまると勝手に思っていたが、実は事前にほくでんから指定されるようだ。その連絡がハガキで来た。我が家の場合、昨年は請求月で11月から使用していたので、10月の実績が無い為だと思うが、我が家の最低使用月は11月から4月までとなった。なので、来月使用しても基本料金は半額と言う事になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芝メンテ記録。

芝刈り機で19mmでカット。その後、化学肥料をバケツ1/4。しかしなんて大雑把なんやろ。
今日は雨が降りそうだったので、さっさと芝を刈って、適当に肥料を蒔いて終わり。散水は雨を期待してせず。案の定その1時間後位から雨になった。
ひまわりは満開だが、既にしおれてしまった物もあり、だんだん見苦しくなって来た。今日は腰痛もあって、それ以上の庭弄りはしなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.05

電力メーター。

今週もメーターを確認した。

        メーター読み  週間   前週比
地中熱200V 4221.9kWh   0.0kWh  -
①昼      3440.6kWh  51.0kWh -3.3kWh
②夜      3463.9kWh  41.4kWh +0.6kWh
(期間中平均気温+18.8℃。前週比-2.5℃)
「energy.xls」をダウンロード
気温はどんどん下がってきた。今日なんか雨が降っていたせいもあって、長袖のツナギだけでは寒くて、その上にウィンドブレーカーを着ていたほどだった。
9月の後半には恐らく暖房を点ける日があると思う。と言う事は、基本料金の関係で、月初から暖房を入れても基本料金は変らないと言う事なので、寒かったら無理せず点けても良い。この時期に暖房を点けても電気使用量としてはビビたるものなので、無理に我慢する必要は無い。基本料金を省いた電気代としては、使っても数百円程度だと思う。
今月のほくでんの検針日は8日の予定。3ヶ月連続で8千円を割るのは確実となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.03

芝メンテ記録。

Cimg2977芝刈り機で20mmでカット。一部南側の5列位は18mmでカット。化学肥料バケツ1/3散布。木搾液(300倍位)散布。その後スプリンクラーで散水1時間強。
芝の切りカス(サッチ)は、数回前からレンガで仕切った砂地の所に投入して、木搾液を掛けて攪拌している。この砂地の砂は、近々やろうと思っている目土に使用するつもり。で、その後培養土等を投入して、来年は畑にするつもり。
Cimg2973ひまわりは次々に開花して、約2/3程度(20輪位)花が開いた。でも枯れ始めるのも早い。ひまわりは、そのほとんどを種が熟す前に刈ってしまおうと思っている。刈った後は土に混ぜて肥料とする。いわゆる「緑肥」。で、一部はそのまま種を成熟させて、来年その種を蒔きたい。そう言う植物のサイクルってのもやってみたら面白いと思う。
トマトはそろそろ終わりに近づいてきた模様。ミニトマトは新たな実がほとんど無くなってきた。来週刈ってしまおうかと思っている。キャベツは一つ収穫し食べている。後二つ。日当たりの影響か、少しづつ成長が遅いのが食べるには好都合で結果オーライ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.02

腰痛。

ここ数日、腰痛が酷くて辛い日が続いている。
毎日痛み止めの薬を4・5回は飲んでいる。その薬は1日3回までとなっているので数量オーバーだが、それ位飲まないと耐えられない痛さだ。
元々、私は腰痛持ちだった。前の会社で、毎日冷凍庫(-28℃)の中で3時間近く力作業をしていたのが原因だと思う。その頃も、痛み止めを飲んだりしてた。でもヘルニアを疑って病院で検査もしてみたが、ヘルニアでは無かった。
あ、それと、レーシングカートも原因の一つかも知れない。7・8年前やってたレーシングカートは、サスペンションが無い為、振動がまともに腰に来る。時々再発する坐骨神経痛も恐らくこれが原因。
ま、これまでも、2週間位でピークは過ぎていたので、そろそろ治るやろうと思っては居るのだが... 。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »