« 電気メーター | トップページ | サーモグラフィー画像。 »

2006.02.21

旭山動物園。

と言う事で、今日は会社の創立記念日の為会社は休み。珍しい平日の休みだったので、今話題沸騰中の旭山動物園に初めて行って来た。夏場は文字通り大混雑の旭山動物園だが、冬季間の平日は流石にそれほどでもない。でも平日1日で約2・3000人の入場者があらしい。開園時間は10時半~15時半と大幅に短縮されているが、冬場しか見れない物もあるので、入園者を飽きさせないようになっている。
0602211最初に見たのは、「アザラシ館」。もう有名だが、間近で見るとその魅力が良く分かる。あの筒の中を何度も何度もアザラシ君が行き来し、見る人を待たせない。私は時々通るだけかと思っていたが、本当にひっきりなしに通るので、正直ビックリした。カメラと携帯カメラの砲列が並ぶ中、アザラシ君のショーは続いた。
0602212次はホッキョクグマ。ホッキョクグマの施設は、下から覗く所があり、そこへホッキョクグマがダイビングするのが売り。なぜホッキョクグマがダイビングするかと言うと、人間が覗いている姿が、水面に浮かんだアザラシに見える為に、それを目掛けて飛び込むらしい。私達も下からも見たが、私達が見ている時は飛び込んでこなかった。残念。子供はガラス越しに目の前まで泳いで来た熊を見て最初はかなりビビって後ずさりしていたが、その後は「クマちゃんかわいい」とガラスにへばり付いていた。
0602213他の施設も見て回ったが、クライマックスと言うか冬のメインイベントはこのペンギンのお散歩。園内の通路を、500m位に渡って散歩するのを見ると言う物。調教されている訳でもないのに、周りの人間が騒ごうが何しようが関係無く、ちゃんと飼育係に付いて脇道に逸れずに歩いていく。
これのすごいのは、そのペンギンと我々の距離の近さ。手を伸ばせば十分触れる距離をペタペタと音を立てながら、時には目の前で毛づくろいをしながらゆっくりと歩いて行く。
旭山動物園の印象は、やはり動物と人間の近さだと思う。有名所の動物の施設では、その動物が「動いて」いて楽しい。他の動物園の印象は、どの動物も「だら~」と寝そべっている印象だが、ここは違う。また冬のこの時期だと人も少なくて見やすい。これが夏だとこうは行かなかっただろう。今日は西門から20mくらいの所に車を止める事が出来たし、混雑まで行かなかった。
旭山動物園は冬が(も?)お勧めである。

|

« 電気メーター | トップページ | サーモグラフィー画像。 »

「日常」カテゴリの記事

コメント

あ、ニアミス?
うちは 21 日、同じところに居ました。

投稿: べー | 2006.02.22 12:18

なぬ~!マジですか?
完全にニアミスですね。
いや~残念!!

投稿: なべやん | 2006.02.22 12:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62993/8774412

この記事へのトラックバック一覧です: 旭山動物園。:

« 電気メーター | トップページ | サーモグラフィー画像。 »