« 意外に続く日記。 | トップページ | 電力メーター。 »

2006.01.30

ちょっと計算。

灯油1L当たりの、カロリーは多く見積もって8500kcal。
電気1kwのカロリーは、約860kcal。
灯油は、現在1L当たり72円位。
電気は、暖房に使ってる融雪電力で1kw当たり約8円。
よって、1円当たりのカロリーは、
灯油が8500kcal÷72円=118kcal
電気が860lcal÷8円=107kcal
と言う事で、1kcal当たりの単価は、高騰している灯油よりも電気の方がまだ高い。
ここから、地中熱ヒートポンプのCOP(成績係数)を3として計算すると、我が家のヒートポンプを使った場合の単価は、860kcal÷8円×3=332kcalとなり、灯油の約2.8倍の効率と言う事になる。簡単に言えば、同じだけの熱損失の家で、同じだけ暖めるとすると、灯油代に比べて電気代は約1/2.8と言う事になる計算。逆に計算すると、灯油が26円だと同じ位の単価になる。
ちなみにこの場合のCOPとは「エネルギー消費効率」などと言うらしく、1kwの電力を使って(ヒートポンプの機械を動かす動力)、何kw分出力出来るかと言う事みたい。灯油ストーブなどの場合は1以下。逆に、通常の最近のエアコンのは、6位ある物もある。数値は大きければ効率が良く、光熱費は安くなるが、通常のエアコンの場合、昼間の通常電力を使う事が多いので、電気代の単価が高い(25円/kw位?)ので、夜間電力と比べればそれだけで3倍になってしまう。しかし、通常のエアコンや地中熱を含めたヒートポンプのCOPは、外気温などの熱源の温度(地中熱なら地中の温度、通常のエアコンなら外気温)で左右される。ちなみに、この1月の我が家のCOPは約3程度みたい。

(数値は概算、正確ではない。)

|

« 意外に続く日記。 | トップページ | 電力メーター。 »

「家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62993/8424335

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと計算。:

« 意外に続く日記。 | トップページ | 電力メーター。 »