« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005.12.27

電気メーター

今週も電気メーターを検針した。

         メーター読み  週間   前週比
地中熱200V  1495.1kWh 207.4kWh +10.4kWh
①昼       927.2kWh 106.5kWh +18.5kWh
②夜       943.2kWh 104.7kWh  +3.9kWh

期間中の平均気温は、遂に-10℃になった。これはほぼ真冬の状態。全国的に気温の低い日が続いている事は、ここ富良野でも変わり無い。でも、雪は比較的少ないように思う。で、この冬初めて最低気温が-20℃を下回った。それも3日連続(最低気温は23日の-23.7℃)。それでも、影響するはずの給湯器が動く夜間の電子使用量はそんなに増えなかった。変わりに昼間の使用量が増えた。これは、週末の3連休に私が3日とも家でゴロゴロしていた事が大きな原因だと思う。それと、22日に大学が測定器を付けていたのだが、その間暖房が止まった為、室内でヒーターを使った事が原因の一つだろう。これはしゃーない。
今週の状況がそのまま1ヶ月続くと、電気代は約2万5・6千円程度になる計算。
想像以上に、温水器「エコキュート」が優秀な気がしてきた。気温が低い時期は、このエコキュートのとって厳しい時期で、効率が非常に悪くなる。逆に、夏場の気温が高い時期は非常に効率が良い。今の悪い状況の中でこの状態なら上出来だと思う。夏が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.20

電気メーター

今週も、電気メーターを検針した。

         メーター読み  週間    前週比
地中熱200V  1287.7kWh  197.0kWh  +3.7kWh
①昼       820.7kWh   88.0kWh  +3.7kWh
②夜       838.5kWh  100.8kWh  +14.4kWh

夜間の使用量が増えているが、これは気温の影響と言うよりも、お湯の使用量に関係している事が解っているので心配していない。逆に、気温の変化があまり使用量に反映していないのが不思議なくらいだ。
我が家が採用している給湯器はCO2ヒートポンプ給湯器、いわゆる「エコキュート」なのだが、地中熱暖房と違って熱源に外気を使っている為、外気温が効率に影響する。それに、もともと外気利用型である「エコキュート」は、富良野のような極寒地に向かず、注意書きに「-20℃を下回る地域には設置しないように」とある程だ。我が家のエコキュートは、-20℃対応型と言う仕様だが、それでも-20℃以下では保障が無いようだ。旭川近郊では我が家が始めての設置らしい。
そろそろ、最低気温が-20℃を下回る頃なので心配だが、内心楽しみであったりもする。

ちなみに、今週の平均気温は、先週よりも少し上がっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.18

今年の寒さ。

毎年こんな寒かったかなぁ~と思い、ちょっと調べてみた。
去年の12月前半は、積雪こそ今年より多かったようだが、気温は完全に今年の方が低い。今年は前年と比較すると半年ほど進んでいるくらいの計算になる。ここ1週間は、最低気温が毎日-10℃を下回り、最高気温も全て氷点下で、いわゆる「真冬日」が続いている。去年の今頃はまだ、最高気温はプラスとマイナスを行ったり来たりしている。1日の平均気温で言うと、約4度位今年の方が寒い。ちなみにこの1週間の平均気温は-7.9℃。まだ最低気温が-20℃を下回った日は無いが、1月上旬並の寒さだ。
最近気付いたのだが、朝出勤時に外に出て息を吸った時、鼻がくっ付いたら-15度を下回っている事がわかった。
そろそろ本格的は真冬に突入である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.15

電気メーター

今週も何時もの通りメータの検針をした。

         メーター読み  週間    前週比
地中熱200V  1090.7kWh 193.3kWh +13.9kWh
①昼        732.7kWh  84.2kWh -3.2kWh
②夜        737.7kWh  86.4kWh -14.2kWh

検針日は何時もの通り火曜日の夜でした。
地中熱暖房分の使用量はどんどん増えているが、気温もこの時期にしては寒い日が続いているので、予測の範囲内。ま、最近の言葉で言えば「想定内」。特に、最近の気温は真冬に近いくらいだったので、もっと多い可能性も予想していた。
11月9日からの実際の1ヵ月間の電気代はほぼ2万円。去年の同期間の光熱費(プロパン+灯油+電気)と数百円多いだけでほぼ同じだった。広さが倍になった事を考えると上出来だし、期待通り。
真冬の予測も大よそ想像できるようになったが、もしかしたら期待以上の数字になるかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.12

やっぱり寒い。

先週の7日から12月恒例の茨城出張。毎日「飲み会」に出席し、飲めない私がかなり(レベルは低いが)飲んで3日酔いくらいになって帰ってきた。
しかし、やっぱりこっちは寒い。茨城は何か違う寒さで寒かったが、こっちは正真正銘。鼻がくっ付く。最近気付いた。鼻がくっ付いたら-15℃位と言うこと。と、思いませんか?こっちの方々。

今日の帰り道も、かなりのアイスバーン。普通に走ってても右に左に振られコントロール不能になりそうになる。何度も対向車線へ出て行きそうになった。家までに路肩に落ちてる車が3台。この辺の路肩は、道と畑の間に、水路があったり、明渠(メイキョ)があったりで、段差が激しい。1台の乗用車は、後ろから明渠に落ち、頭だけ道に突き出ていた。運転手は運転席でうつむいていたが、ハザードを付けていたので大丈夫だろうと思ってそのまま素通り。その内誰かが助けてくれるだろう(^^;。

家の暖房・給湯設備は、先日少し私がセッティングを間違えて、家の中が20℃を割った以外は、最近の冷え込みでも今の所問題なし。なんだかんだ最低気温が-20℃を割る事はそう多くないので、なんとかなりそうな感じ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.06

電力メーター。

今週も電力メーターを検針した。

項目      メーター読み  週間    前週比
地中熱200V  797.4kWh 179.4kWh  +16.6kWh
①昼       648.5kWh  87.4kWh  -0.2kWh
②夜       651.3kWh 100.6kWh +14.2kWh

今週は、一気に寒くなり、最低気温が-17度を下回る日が2日もあった事もあり、暖房に関する地中熱200Vと、温水器に関する②夜が増えている。ま、予想通りの数字と言える。
見方を変えれば、①昼の昼間の電気使用量が、ここ3週間ほぼ完全に横ばいなので、昼の使用量はこんなもんだと言う事がわかって来た。あとは、今後真冬になるにつれて、暖房や温水器の稼動がどこまで増えるかが問題だが、その分は電気代の単価が安いので、増えた電子使用量ほど、電気代には反映しない。
今のペースで行くと、光熱費は以前のアパートとほぼ変わらないくらいで済みそうな感じだ。家のデカさは2倍位あるので、上出来と言えそうだが、これも私の当初の思惑通りと言うか計算通り。
ま、所詮机上の計算やけど... 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.02

ブラックアイスバーン恐るべし。

今の気温は、約-3℃。昼は+2℃程度。昼間は少し日が照って、雪が融け、夕方に少し雪が降り、路面はピカピカのアイスバーン。
今日は「これぞブラックアイスバーン!」と言うような状態だった。
今日は7時ごろに家に向かって車で帰ってきたのだが、これまでに経験したアイスバーンの中でも最悪の状態だった。兎に角ツルツル。時速40kmで走ってても、少しのカーブや、道自体の傾斜(道は、排水の為かまぼこ型に左右に傾斜が付いている)でズルッと横滑りする。前を走っていた車に付いて行けなくなり、後ろの車が気になって速度を上げると、直ぐにズルッとくる。やっとの事で富良野の町に入り、気が付いたら手のひらにびっしり汗をかいていた。
ブラックアイスバーンは、雪が踏み固められた圧雪アイスバーンと違い、水が凍ってアイスバーンとなる。簡単に言えばスケートリンクと一緒。だから、見た目はピカピカで、一見雨で濡れているように見えるから非常に危険だ。特にこの時期は、実際に濡れている時もあるので、判断に迷う事がある。
12月は、北海道で一番交通事故が多く、事故死者の数も一番多い月だそうだがそれも納得だ。今日も上富から富良野までに3件の事故を見た。
今年は、十数年ぶりで事故死者ワースト1を北海道が明け渡すかも知れないらしい。ちなみに先月までの、ワースト県は、万博や中部空港開港で賑わった愛知県。
兎に角、4シーズン目のスタッドレスは厳しいのかも知れないと思い始めた今日この頃。でも、真冬になると、気温が低いのでブラックアイスバーンにはなりにくく、逆に走りやすくなる。春先のツルツル時期に履き替えるか... 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »