« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005.09.29

阪神優勝。

阪神優勝。
大阪時代は大して阪神ファンではなかったが、こっちに来てからなんちゅうか郷土愛なのかどうなのかわかりませんが、阪神ファン度は強くなった。しかし、私が大阪を離れた一昨年に18年ぶりの優勝。そして、続けて今年も。
それにしても、さっき国営放送で言ってた「2年ぶり5回目のリーグ優勝」。5回目?球団創設70周年で優勝ってのは縁起が良いかもしれないが、70年やってて5回目?。70年阪神ファンの人でも、5回しか優勝してないんや。それで儲かるんは、どう言ったマーケティングでこんだけファンと言う名の顧客が付くんですかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.23

キッチン入る。

9
今日も休日出勤だったが、昼過ぎに終わったので現場へ行った。
玄関の階段は、一部タイルを張り、その他はモルタルを張ったらしく、玄関からは入れなかった。庭に仮設された階段を使い、キッチンの勝手口から中へ入った。
中は、まずキッチンが入っていた。キッチン本体はまだ仮置きらしく、排水や電気などはまだ繋がっていない。今後設備屋さんが入ってから、もう一度付け直すらしい。
その他、洗面器具が付いており、押入・クローゼット等の内部の棚が出来上がり、扉類を取り付けている途中だった。また、書斎の棚と机の製作と据付を行っていた。
大工さんの工事は、明日あるいは明後日で予定通り終了らしい。
9
一方、クロス屋さんが入っており、二階部分から下地のパテ埋めを行っていた。この後、もう一度塗ってからいよいよクロスを張り始めるらしい。クロス屋さんと話しをしていると、クロス屋さんと私の会社の専務が中学時代の同級生らしく、「○○も偉くなったなぁ」と感慨深げだった。世間はやっぱり狭い。
クロス屋さんは2人(奥さんと)でやっているので、やはり一週間はかかりそう。ま、予定通り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.21

終わりが見えてきた。

9
19日に現場に行った。フローリングは張り終わり。天井も終わり。基本的な大工工事部分はほぼ終わっていた。あとは、押入やクローゼット等の棚や、書斎の本棚等、大工さんの手で行う建具の工事が残っているのみ。今日の軽米組さんとの確認では、今週末までに大工工事は終わり。平行して今日からクロス屋さんが入り、クロスの下地になる石膏ボードのパテ塗り(段差消し)を行っていて、来週からクロスやクッションフロアを張り始めて週末までかかるようだ。クロス張りの終わり頃から一部並行してキッチンやその他機器の据付が始まり、通常なら2~3日で終わるようだが、今回は地中熱の機器や、珍しい給湯器の設置をする為、経験値の問題で少し時間がかかりそうだと言う事だった。順調に行けば10月10日過ぎ頃までには完成と言うことになりそう。その後、オープンハウスを行い、我々の引越しは10月24日以降、31日までと言う事で確認した。今のアパートの退去願いは電話でしといた。
やっと、工事の最終が見えてきた。
9
この辺りの、処理も悩むところ。そのままなら「砂利」だけど、アスファルトやコンクリートをひく事もあり。アスファルトなどをひいた方が、除雪などで楽な面はあるが、いかにも愛想無し。
9
こんな感じか... 
9
こんな感じにならんかなぁ~と思案中。どうするべか... 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.16

補助金決定。

懸案であった、NEDOからの補助金が当選(?)した。
我々としては、当選しなければかなり痛い事になっていたので、一先ずほっとした。全体での当選確立としては1143件の応募に対して、当選案件は901件と言う事で8割強と言うことになる。
この後、該当する工事が行われ、その審査等があり、そして最終決済した後の交付と言うことになる。
しかし、これは紛れも無い「税金」である。
みなさんごめんなさい。そして有難う御座いましたm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.12

内装進む。

9
なかなか時間が取れず、家を見に行けなかったが、週末にやっと行けた。平日も特に遅い訳ではないのだが、如何せん日没が早くなってきて、帰る時にはもう暗くて見えない。
家は、内装の石膏ボード張りが進んでいた。それと、2階部分のフローリングがほぼ張り終わっていた。
キッチンの造作がほぼ完成した事で、やはり大工さんに言われていた通り、だんだんリビングダイニングのフロアが狭くなっていくように感じるは気のせいか?ま寸法通りなんだけど... 。
9
ここの出口からの階段をどうするか... 悩む... 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »