« 窓枠取り付け | トップページ | 外壁 »

2005.07.31

屋根板金

昨日今日と、会社のみんなでキャンプに行った。場所は日高の様似。JR日高本線の終着駅近くだ。
様似に私が前回行ったのは15年前の冬。高校3年の冬休みだ。まさかこんな所に車でキャンプに来るとはその時は想像も出来なかった。
キャンプ自体は、雨の予報だったがなんとかもって、良いキャンプになった。奥さん方や子供も含めて総勢26名。来年はテントも買って家族で行きたいものだ。

7
キャンプからの帰りに現場を見に行くと、日曜日なのに屋根の板金工事をやっていた。
屋根は簡単に言えば「カラートタン」。話しを伺うと、やはり10年から15年程度で雪が滑りづらくなるそうだ。目安は、屋根の塗装面がはげ、地の金属面が目立ち始めた頃らしい。で、補修は塗装でOKだそうだが、塗装しても5年持たないそうだ。ま、板金屋さんに聞いたからだろうが、張りなおすのがベストだそうだ。で、屋根の張り方としては、「横張」と「縦張り」があり、今回は「横張り」なのだが、以外にも横張りの方が雪は落ちやすいそうだ。「縦張り」だと上から下まで1つの面になってしまい、雪が屋根に張り付いてなかなか落ちづらいそうだ。
他にも沢山お話しを伺ったが、半分は忘れてしまった(^^;。すんまそん。>板金屋さん
7
窓ガラスは既に全て入れてあった。
窓枠って、壁の面より外に出っ張って付くんですね。
間柱等もほとんど入っている模様。

|

« 窓枠取り付け | トップページ | 外壁 »

「家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62993/5250647

この記事へのトラックバック一覧です: 屋根板金:

« 窓枠取り付け | トップページ | 外壁 »