« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.29

無事出産。

無事出産しました。
5月29日15時59分。
2844g、46.6cmの男の子でした。
母子共に健康です。
今回は立会い出産でしたが、これはなかなか良い経験をしたと思います。みなさん、もし出来る環境でしたら、立ち会って見る事をお勧めします。でも、血が駄目な人は絶対駄目ですが... 。
1人目の時は、兵庫県明石で出産し私は富良野。今回は立会い。かなり対照的な出産でしたが、「一緒に産んだ!」とまでは言いません(言えません)が、気持ち的にかなり違います。今後の子育てにも良い影響があるように思います。
ご検討を(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.26

ま~だだよ。

昨日の夕方に相方から「おしるし」があったとメールを貰ったので、早々に仕事を切り上げて帰った。会社の人達も、「ん?そしたらもう入院したんか?」とか「そりゃ早よ帰ったらな」とかと言うので、意味も分からず「大変な事なんや!」と思って速攻で帰った。しかし、相方は何時もの調子でケロッとしてるし、何も変わった様子が無い。でも、「もしかしたら今日の晩にも生まれるかも!」って思って構えてたけど、何時もの通り爆睡。朝もどうも無いみたいで、昼間も「今日は生まれそうに無い」ってメール来る始末。どないやねん。
ま、結局慌ててたのは旦那だけだったようで、本人は何も慌ててなかった。今日の夕方も、早めに帰って飯食って何時も私が出ていたラジオ聴いてたら、「行って来たら?大丈夫やから」やって。
母は強しと言うか、旦那は阿保やしと言うか... 。
とにかく、一人目の子供の時は、陣痛が始まってから出産までが早かったので、今回も注意して置かないといけない事は確かだと思う。変に我慢して、結局呼んだ救急車の中でお産って事もあるらしい。
とりあえず、オロオロせんと、とっとと寝るか... 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.23

子供。

ここまでここでは触れていなかったが、2人目の子供の出産予定日が、来週の水曜日と迫ってきた。
何かと不安な面もあって私自身でもあるのだが、とにかく無事に生まれる事を祈る。
相方のお腹は、当然だがこれまで見た事も無い状態になっている。前回の出産の時は、相方は実家がある明石、私は転職間もない富良野と言う事で、最後の2ヶ月くらいのお腹の状態を見たのは初めて。正直言ってかなりデカイ(^^;。
相方には悪いのだが、今の相方のお腹を見て思うのは、私がお腹の中に居た時の母の状態だ。私は3600gと3800gの双子だったのだが、その時の母のお腹の状態は、想像を絶するものだったと言う事が今の相方のお腹を見て良く分かった。
来週末までには生まれているだろう。
私は意味も無くオロオロしているが、一番大変なのは勿論相方。
がんばってくれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.20

珍客?

5時間も掛けて、釧路からお客さんが来た「らしい」。
今日って言うかさっきそのお客さんのHPの掲示板をいつもの様に覗いたら、「小野田そば」が写っていた。「あ、来てたんや!また素通りかい。」って思ってたら、見た事のある子供が微妙に顔を隠して写ってた。「あれ?もしかして?」と思って、旦那の「日報」を見たら、今度は私の「かなり年季の入ったパソコン」が写ってるではないか。「うちやんけ」。
なんか突然来てたらしい。それも昨日。相方は、「口止め」されてたようで、昨夜は来た事を喋ってしまった自己嫌悪な夢まで見たらしい。
それにしても、この方々との出会いはもう8年位前。この方々と出会わなければ、今の私達は無いと言っても過言では無い。しかし、もう5年くらい会ってない。彼らも大阪から東京に引越し、その後釧路に移住。そして今月末にまた東京に引っ越すらしい。会えそうで会えないなぁ~と思ってたら、この始末。残念無念でんなぁ。
また家が建ったら、ゆっくり息抜きに来てください。「納豆入りお好み焼きパーティー」でもやりましょう(うそ)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.18

契約。

やっと契約になりました。
去年から住宅展示場に行き始め、沢山の業者と話しをし、今年に入り地元業者Kさんと話をし始めてから、5ヶ月近く経ってしまいましたが、やっと契約です。
地元業者Kとは、富良野の軽米組さんです。
軽米組さんとは、あるオープンハウスに行ったのがきっかけでした。そこで初めて地中熱を利用したヒートポンプ暖房を見て考え始めました。
沢山の土地を見て、沢山の業者さんと話しをしましたが、その中でも「悪い評判を聞かない」のが、今回の軽米組さんと、今回の土地でした。ちなみに土地は、富良野の北の峰地区です。
富良野へ移住してまだ3年目に入ったばかりですし、大金を払って、更に大金を借金しての新築で、「身分不相応」のような気もしないではないですが、富良野に移住してきても、「借家」に住んでいることで、本当に移住してきた気がしなかったのも事実です。建てた理由はそれだけではありませんが、私の中ではその事が大きなウェイトを締めているように思っています。
これが吉と出るか凶と出るか... とりあえずこれから、長い返済が待っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.16

都市計画。

ここを書かない間に、流石に家の計画は進んで、明後日契約の予定になった。
予算の方は、地元業者Kさんの多大なる譲歩の結果、なんとか予算内に収まりそう。後は銀行をどこにするか。とりあえず、2行に仮審査を依頼し、2行ともOKを貰った。がその後、以前大阪時代にお世話になった、NET銀行のSONY銀行住宅ローンを再検討した結果、かなり良い条件だと言う事が分かって、早速問い合わせた。がしかし、富良野の都市計画方針の問題で却下となった。
宅地やその他の用途によって、土地は「用途地域」と言った指定がある。「第2種低層」とか「工業地域」なんかがそう。富良野も例外にもれず指定があるのだが、その区分けの仕方がちょっと問題になった。
通常は、都市計画区域>市街化区域>用途区域となるのが普通のようだが、富良野は、都市計画区域>用途区域となっていて、市街化区域といった概念が無い。いわゆる「非線引き区域」と言う考え方の基に、用途区域を定めていると言うこと。だからどうやねんって感じだが、ここが問題。
SONY銀行の融資対象地域は、「全国の市街化区域」。注意書きとして「非線引き区域は除く」としている。ここに見事に引っかかってしまった。2度ほど再考をお願いするメールをしたが、「残念ながら... 」と丁重なお断りメールが届いた。残念。最後に、「対象地域拡大の場合は連絡します」と添えてあった所に今後期待しよう。
と言うことで、道内系銀行になりそう。
時間は掛かったが、やっとここまで来たって感じ。でも、大阪時代、契約の前日夜に諸事情によりドタキャンした事があるので、業者名等は、契約後に公開としよう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »