« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005.01.31

変な天気。

週末。
土曜日はなんと雨。かなり「ざー」っと降ってました。地面の雪もどんどん表面から融けて行くって感じで、氷の表面を水が流れてましたが、その水が流れ込むところが無い。
で、次の日は、前日の雨が夜半に雪に変わり、それが朝には止んでました。昨日融けた氷の上に雪が積ったことで何とか通常通り走る事が出来るが、これが雪が降らずにそのままだったら、町中スケートリンクになってた事間違い無しです。昼からは、強風が吹いて地吹雪。雪を巻き上げてえらいこと。で、夕方から夜に掛けては、ほんとの吹雪。夜の9時ごろにタバコが無くなって買いに行こうと思って車に乗ったのですが、前が見えずに何度も途中で止まりました。それはそれで危ないでしょうが、ホントに見えんかった。
心配していた今日の朝は何も問題なく晴れていた。
本州から届くはずの鉄道コンテナが、吹雪の為貨物列車が美唄で足止めを食らったらしく、1日持ち越しとなった。道内どこも大荒れだったみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.29

モデルハウス巡り。

先週約束していた通り、旭川へMホームのモデルハウスを見に行った。
結局見たのは7・8軒?どれも、展示場のモデルハウスではないので現実的な間取りで参考になった。
まず一つは価格。今回のモデルハウスには全て値段が付いていて、「あ~これで○○万なんや~」って言う具合だった。これまでは、非現実的なモデルハウスであり、勿論値段も付いていない(付けたらえらい値段やろう)ので、ピンと来なかったが、今回は、「Mハウスでこれくらいの広さでこれぐらいの内装・設備ならこんなもん」って言う所が分かったのが成果。しかし、予想はしていたが基本的に高く、手が出ないものばっかり。Mハウスはあきらめようと思ったが、最後の1軒だけは違ってた。かなりコストを抑えたほぼ完全に近い企画住宅で、間取りの自由度はかなり狭いが、元々の間取り自体が結構良く、値段も予算に届きそうだった。
しかし、どっちにしても予算ぎりぎりなのと、そこまでしてMハウスが良いかと言えば、かなり疑問があるし、企画住宅に収まってしまうのも寂しい。予算の問題も残るが、出きれば自分たちだけの家に住みたいと改めて思った。
Mハウスは、許容範囲内で私たちの希望をある程度満たすようにした上で、富良野の土地を探してそれにその家を合わせて、来週提案しに来る事になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.26

間取り案1

地元業者Kから、1つ目の間取り案が届いた。メールかFAXでと言う事だったが、今回は紙で届けられた。
内容は、文句を付ける所が乏しい。逆に言えばなかなか良い。かなり変わった間取りだが、私が依頼した要素はほぼ盛り込んである。外観も間取りもかなり個性的。
がしかし、全てがOKと言う訳では勿論ない。トイレの位置や、和室の位置、屋根の形状、車庫の広さなど、まだまだ検討するべき所は多い。だが、その問題は費用などを考えた場合、妥協できる範囲内の問題でもあるように思える。はっきり言ってしまえば、この家が私たちの予算内で建売されていれば、買う可能性がかなり高い。
"いちゃもん"を言う事に生きがいを感じている訳でもそれが趣味と言う訳でもないが、検討することは悪い事ではないと思うし、満足行くまで検討すれば良いと思う。しかし、じっくり検討して建てた家が建てた後必ずしも不満を感じない家だと言う事ではないと言う事も分かっているつもりなのだが... 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.23

暇な週末。。。

技能講習の方は、無事2つとも終了証が届いた。思いの外難しかったので肝を冷やしたが、なんとか終了。ま、結果的には届く証書が「終了証」と言う事で、「合格」するかしないかは問題ではないのかもしれない。とにかく良かった良かった。
家の方は、なかなか進捗が悪い。
土曜日にMハウスが家に来た。先日モデルハウスに行った時には、土曜日に他のモデルハウスに行く事になったのだが、都合が付かないと言うことで訪問してくる事になった。内容は特別な事はないし、具体的な事も無い。結局はモデルハウスを来週見る事を打ち合わせた程度で終わった。値段的に難しいのはほぼ確実なので、とんでもなくすばらしい家が建つか、とんでもなく安い値段を提示しない限り、少々残念だがMハウスになる事は無いだろう。
それともう一つDハウス。私はDハウスのモデルハウスには入っていないが、相方が先日の展示場で見ている。その時に貰ったパンフを見ていると、とても良い間取りプラス外観である事が判明。早速HPから問い合わせを行った。だがまだその返事は来ない。Dハウスの場合も、値段的には苦しいものがあると思うが、ねらい目としては、北海道での実績が少ない事。この場合は、思い切った値段が出る可能性があると思う。ちょっと期待。
で、地元の業者さん(地元業者K)には進捗を聞きたくて電話入れた。進捗としては、とりあえず一つラフプランが出来たとの事。で、そのやり取りをメールかFAXでしようと言うこと。早速メールを入れて置いた。明日辺り届くか。
それ以外は、オープンハウスの広告も無いし、かなり時間を持て余す週末だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.18

技能講習。

先週から3日間ずつ、技能講習を受けに旭川の自動車学校に行っている。
受けているのは、「小型移動式クレーン」と「玉掛」。「小型クレーン~」とは、吊り上げ加重5トン未満の移動できるクレーンを運転する為の資格。「玉掛」とは、1トン以上の物をクレーンなどで吊る時に、その荷物にワイヤーなどを掛けてクレーンに掛ける為の資格。仕事では、荷台の付いたトラックにクレーンが付いたもの(通称「ユニック」)で、荷物を吊って荷台から吊り降ろしする時に使う。「小型クレーン~」の資格は、その上位に資格(免許)があり、5トン以上のクレーンは使用できないが、「玉掛」は上位にあたる資格は無く、巨大なクレーンの玉掛もできるようになる。
しかし、久々に受けた「授業」は非常につらく、昔と比べたら覚えが悪くなっているように思ってしまう(昔も大した事は無いが)。こう言った「授業」や筆記テストは、30までに取るべきだと受講生のなかの誰から言っていたが、本当にそうだと思う。今日で「学科」系はテストも含めて全て終わった。で、明日実技。指差し呼称などを覚えなきゃなんないんで、ちょっと憂鬱。しかも実技テストの順番は私が1番。参いる。
仕事で必要な資格は、他にもまだある。
「天井クレーン」の資格(正式名称不明)も要るし、「大型特殊免許」や「作業系建設機械講習」なんかも必要。もしかしたら「牽引免許」も必要なのかもしれない。憂鬱だけど、早めに取るに越した事は無いとここ最近の講習を受けていて思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.17

ちょっと進展?

前回の日記の後、地元の業者に電話して、店まで行って4時間くらい話してきた。内容は半分以上ただの世間話だが、こっちの生活スタイルや考え方はある程度伝わったと思う。大手のハウスメーカと比べたらとても小さな会社なので、融通と言う面ではメリットがあると思う。こちらとは時間を掛けて「話し」をして、あせらず進めて行こうと思う。
で、週末に旭川の住宅展示場へ。
住宅展示場では、ローンセミナーが行われていてそれに参加。住宅金融公庫の話しは、余り考えていなかったので新鮮に聞こえた。その後の民間金融機関の話は、まぁそれなり。分かってる範囲以内。おいしい話は無かった。
その後、展示場内の家を数件回った。中でも、Mハウスの展示場では、かなり勢いが付いてしまった。Mハウスの家は気に入ってるし、オープンハウス等も何度も行っているのになかなか来ないので、その鬱憤ばらしのような感じになった。話を聞いてくれた、応援で着ていたと言う通常はリフォーム担当の男性の方も、途中からはかなり真剣に話し、誠意を見せていると言う感じだった。で、一つ判明したことは、やはり高いこと。私たちがこれは良いと思った間取りの家がそのまま建売されており、その価格を見せてもらったら、私たちの予定金額よりもはるかに高かった。ま、でもとにかくイメージをつかみたいので、来週でもその建売を見に行ってこようと思っている。
遅くとも来週中には、数社のラフプランが出揃う予定。やっと進み始めた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.10

あ~でもない... 

こ~でもないと、相変わらずやっておりますが、よくよく考えると、生涯最大の買い物をする時に悩む時間としては、まだまだ足りないのかもしれません。
大阪で一軒家を買った時は、もっと悩みましたし、もっと沢山の物件を見に行きました。週末ごとに入っている広告を抱えて、順番に見に行ったもんです。最終的には40件ぐらい見に行ったように思います。契約しようと明日契約と言う所まで行ってドタキャンした事もありました。その中で、最後に見た広告にすばやく反応して、契約となった訳です。あの広告を見た時はまさしく「ピン!」と来ました。「これしかない!」と。
それにしても、こっちの住宅業者はなんかのんびりしている印象が付いてきた。大阪の時は、アンケートなどに答えると、直ぐに営業マンが家まで飛んできたり、しつこい位電話が掛かってきたりしてたが、こっちではなかなか来ない。ある意味、冷やかしとしてはやり易いとも言えますが、本気で探している者としては、何か物足りない。
情報が少なく、Webで調べられる程度しかない。その分、自分達の建てたい家の希望はだんだん固まってきたように思う。問題は、その家を建てる場所・土地をどこにするか。悩む悩む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.05

家購入気運高まる。

この正月休み中、頭の中にあった事と言えば、ほとんど「家」の事。
ハウスメーカーや、地元の建築業者のHPばかり眺めて、あ~でもない、こ~でもない。これまでに集めた資料を出しては、あ~でもない、こ~でもない。
次の資料早くもって来ないかなぁ~(地元業者)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.04

ファンレター?

昨日は、江別の兄ぃさんの所に行って来た。
行きは、桂沢湖経由で行ったのですが、気温が高かったせいもありアイスバーンが酷く、グリップしない場面もあってた。兄ぃさんの所には6ヶ月の娘さんがおり、しっかり遊ばせてもらった挙句に、夕飯までご馳走になってしまった。何時もいつもお世話になりっぱなしで、この場をお借りしてお礼を言って置こう。
いつもありがとう御座いますm(_ _)m
で、帰りは雨が降っていたものの、遠回りだが滝川経由で帰ってきた。30kmほど遠回りになるが、全て国道を通れるので比較的安全だ。しかし、天気は終始季節外れの雨で、富良野のほんの数キロ手前まで路面が出ていた。桂沢を通っているとどうだったか分からないが、安全優先でよかったと思う。

で、今日は10時から2時間、「ラジオふらの」に出ていた。いつもの富良野のメンバーがやってる番組に出させてもらった。で、適当にいつもの無駄話のように話してた番組の最後にFAXが入り、リクエストと共に「今出てる大阪弁の人のファンです」みたいな事が書いてあった。誰か大阪弁を話すレギュラーの方と間違えているような気もするが、なんだかんだと言いつつも、やっぱり嬉しかったりする。
ま、必要以上に調子の乗らないようにしないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.01

あけました。

furanojinjaみなさま(ってどんだけいるんや?)、あけましておめでとう御座いましたm(_ _)m。
今年も、よろしくお願いします。

さて、今年の正月は、初めて富良野で過ごす事になったのですが、予想通り何する訳でもなく、基本的にはぐ~たらしてます。今日は、予想外に天気が良く空を見ると見事な快晴、南向きのリビングにはさんさんと日が差しており、勿体無くなって近くの富良野神社まで初詣に行く事にしました。
そこで車を暖気するべく、エンジンを掛けに外に出ると、晴れているのに気温は₋18℃。超寒い。しかし、北国の正月らしく、とても良い気分で初詣に出かけた。
富良野神社は、実は北の国からのロケ地。しかも町のど真ん中にありながらまだ行った事が無い。とんでもなく人が多かったらどうしようかと思っていたが、そこはやはり富良野。人はまばら。お参りも数人並んですぐに済ます事ができた。
特に何が良かった訳ではないが、何か富良野らしい元旦だったと勝手に満足している今日この頃です(なんじゃそりゃ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »