« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004.12.29

正月休暇突入。

今日から遂に正月休暇に入った。
今年1年色々な事があったが、少しずつだけど前に進んでると言うのが全体的な感想。去年と比べたら、大きな変化は無かったが、だんだん地に足が着いてきた、落ち着いてきたと言う所か。
さて、以前にもここに書いたが、今年は大阪には帰らず、富良野で正月を過ごす事になった。初めての富良野での年越し。どんな正月なのか楽しみだったりする。この辺りはまだ観光客気分が残ってる。ま、それもまだ良いだろう。
今の気温は、₋18.7℃。本格的に寒くなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.20

晴天の地吹雪

今日は、朝から風が強かった。
雪は降っておらず風だけなのだが、積っている雪を吹き上げ、まるで吹雪のような様相だ。昼前からは青空も覗いているのに風の方は強くなる一方だった。雪は降っていないのに吹き溜まりができ、会社に登ってくるスロープは、完全な吹き溜まり。道議員さんの秘書さんがスタック第一号になり、タイヤショベルで引き上げた。
今日は低気圧と前線の影響で、午前1時の気温は-20度まで下がっていたのだが、朝の6時には-7度まで上がり、その後も気温は上がり続け、今の午後10時の気温はなんと+1.7度。すごい温度差。
道路はカチンコチンのツルツル。国道でも吹き溜まりが多く、かなり危険。
ま、良く分からない日記でごめんちゃい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.19

住宅展示場。

書き方忘れんうちに書いとかんとね... 。
※Kおりさんもマメに書いてるし(爆)。

うちの夫婦は、住宅展示場に行くのが趣味みたいな物で、暇をもて遊んでいる時はちょくちょく行く。
今日も、広告が入っていた所に向かった。
外観は私の好きな三角屋根では無く、無落雪屋根で平たい屋根だったのだが、オーナーが居るオープンハウスの間取りの中では非常に良い間取りで、非常に現実的で参考になった。
それ以外に興味を持ったのは、「地中熱ヒートポンプ」なる物。地面に50mを超える穴を掘り、そこに不凍液を流すチューブを通して、年中温度が一定な地中熱を利用して温水暖房をしようと言う物。今回の家はそのテストケースで、まだ販売の実績はないみたいだったが、非常に興味を持った。
以前から、次に家を建てる時は太陽光や風力などの自然エネルギーを使って建てようと思っていたのだが、どれも非常にイニシャルコストが掛かり、また設置場所がかなり必要で、外から丸見え状態になるのがネックだった。しかし、今回の地中熱ヒートポンプは、設置場所は床下、外からは全く分からないと言う事で、デメリットはある程度クリアし、あとはイニシャルコストの問題だけとなった。まだまだ導入例が無く、補助金制度も未整備と言う事、それとまだ日本では普及が進んでいない事で、量産によるコストダウンが計算出来ず、まだどのくらいのイニシャルコストが掛かるかはっきりした事が言えないと言うことだった。
イニシャルコストが下がり、10年程度で元が取れるようなものだったら、どんどん普及するのではと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.05

降りました。

雪。昨日の晩から雪になり、30センチ以上積りました。
先週降った雪は、根雪になると思いきや、奇跡的に一週間かけて融け、会社の先輩はなんとか冬タイヤに交換する事ができました。(よかったよかった)
さすがに今回の雪は根雪やろうなぁ~。

前回書いた富良野高ラグビー部が花園に出場に絡んで、協賛会が資金集めの為に会社に来た。
企業は一口5000円でと言う事だったが、「前例が無い」ので速断できず、本社の指示を仰ぐ為、一度引き取ってもらった。で、本社の総務に電話を掛けたが、専務は居らず、代わりに担当者に事情と説明し、私がラグビーをやってた事も説明した上で「個人的には出してあげたい」と付け加えた。で、2時間くらいで返事が来た。答えは「5万円払うように」との事だった。ビックリした。で、その後もう一度電話が掛かって来た、「花園って全国大会ですよね?野球で言えば甲子園?全道大会じゃないですよね?」と担当者から聞かれた。本社の人達は富良野出身だったり、上富良野に工場があった時に上富良野に居た事がある人が多いので、このド田舎のラグビー部が全国大会に出場する事は「とんでもない事」と受け止めたようだ。とにかく、5万円提供することが出来た。よかったよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.02

ごめんね。

娘が起きている間に家に帰った時は、着替えてから夕飯までの間に娘と遊ぶのが習慣になっている。
何時も、娘を振り回して遊んでる(^^;のだが、これまでちょくちょく小さな失敗をしている。例えば娘の髪の毛が、私の服の胸のボタンにひっかってしまった事など。で、今日は、顔面を絨毯の敷いてある床にぶち当ててしまった。それまでゲラゲラと喜んでいた娘は一転して号泣。そら、痛かったわな。
ただでさえ低い鼻が、一段と低くなってしまいそうだと、余計な心配もしてしまう。
段々と娘は大きくなる訳で、いつもの調子で振り回していると、思わぬ所で怪我をさせてしまう。
気を付けないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »